居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • キッズママ さん (50代・ 山梨県・ 女性)

     今年に入って、愛読者になりました。最初は他の時代小説と同じように、楽しい読み物として楽しんでおりました。ところが「更衣の鷹」、家基暗殺から俄然面白くなり、1巻を1日で読んでしまうことも。それまで尚武館のただの跡取りから、一人の独立した漢へと成長していく磐音から目が離せなくなり、今は私の理想の男性となりました。もう少しでシリーズが終了してしまいますが、何度も読み返して、磐音に会いたいと思います。


  • ばぼばぼ さん (60代・ 東京都・ 女性)

    1月4日の発売を楽しみにしています!
    ハッピーエンドだと嬉しいです!


  • シエル☆ さん (30代・ 愛知県・ 女性)

    私の父と主人が大好きなシリーズです。私自身は読んだことがなく申し訳ないのですが、父と主人の共通の話題が尽きることなく架け橋になっている作品です。


  • 真希 さん (20代・ 東京都・ 女性)

    居眠り磐音「蛍火ノ宿」の第1章の「おいてけ堀勝負」の「磐音」の殺陣シーンの迫力感が大好きです。
    今後も作品を楽しみにしています。


  • よねちゃん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    強さが好き。優しさが好き。多分、男前、だから、もっと好き。


  • たいしょう さん (60代・ 岐阜県・ 男性)

    ただいま一巻から3回目・いや4回目、読み始めています。何度読んでも新鮮で飽きが来ません。
    いよいよ完結、楽しみでもあり、寂しくもあります。


  • 磐音日和 さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    普段は本をあまり読まない私が唯一、何度も読み返しているシリーズです。
    終わってしまうのが、寂しい。


  • みゆちゃん さん (50代・ 広島県・ 女性)

    一年に3回は読み返しています。
    何度読んでも登場人物たちの魅力が溢れ、飽きることがありません。
    最後はどうなるのか…楽しみです。
    誰も欠けることのない終わりにしてください。


  • 金兵衛のむすめ さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    私がこの本を知ったのが、当時NHKラジオで村上信夫さんと児玉清さんが紹介しておられ、お二人が揃ってお薦めなら間違いないと夫に話したら 彼はすでにテレビで佐伯泰英さんの特集をみて本を持っていました。入り口はお互いまったく別でしたが二人ともすっかりはまってしまい、全巻楽しみに読んでいます。
    私が入院した時もこの本に助けてもらいました。お楽しみがひとつ終わってしまうのが残念です。
    映画化など予定はないのでしょうか?大人が見られる時代活劇が出来れば嬉しいです。
    主人もまた1巻から読み直しているので、来年から私も始めるつもりです。磐根ワールドにまたはまりそう…  ありがとうございました!


  • のんべい飛脚 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    磐音のすがすがしい生き方が現代の世相にないので、非常に新鮮で簡潔したら、磐音の足跡を実際に歩こうと計画しています。


  • 平成の二宮金次郎 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    販売される日を楽しみに待っています。もうすこしで終わってしまうのが残念です。


  • 江戸小紋 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    本屋さんで、ふと手に取ってからずっと
    一緒に旅してたように思います。
    色々な場面、景色が浮かんできます。
    みんな幸せになって…と心から願っています。


  • gin さん (40代・ 千葉県・ 男性)

    終わってしまうのが残念です。番外編とかやってほしいです


  • テントウムシちゃん さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    磐音さんは私のヒーロー。寝る前に本を読んでいると物語りの中に入り過ぎて、眠れなくなる事もしばしばです。
    新刊を手にした時は、もったいなくて読めないと思っているのですが、気がつくと一気に読んでしまっています。
    もうすぐ完結してしまいますが、その時はまた始めから読み直したいと思います。


  • カズ さん (40代・ 大分県・ 男性)

    今から約4年前に、当時の上司から勧められて読み始めました。今ではすっかり佐伯ファンとなり、磐音や狩りシリーズ、吉原裏同心を毎日のように読みあさっています。磐音が終了してしまうのは寂しいですが、どの様な最後になるのか楽しみにしています。


  • あがさ さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    磐音さま
    本当にもう会えなくなるのですか?


  • いわねひとすじ さん (60代・ 大分県・ 男性)

    佐伯先生の時代小説を読み始めたきっかけが、居眠り磐音でした。そして鎌倉河岸、密命シリーズへと進んで行きました。密命も終わり、夏目影二郎、古着屋総兵衛、酔いどれ小籐次、交代寄合伊那衆も連載が終了して、淋しい限りです。先生の小説は、豊後関前藩、岡藩、森藩など大分に係わりが多く親しみを抱きながら読んでいました。
    磐音シリーズは、最後がどのような形で幕を下ろすのかが気になり、47巻失意の方からは読まずにそのままにして最終回を待っています。先生、また新しい企画を中津藩などでお願いします。ありがとうございました。


  • がんちゃん さん (80代・ 山形県・ 男性)

    「居眠り磐音江戸双紙」完結のこと、おめでとうございます。
    先生の本は今まで、読んだことはありませんでした。
    この機会に、最初から読ませていただき心から驚かされました。
    良く、時代の風情、武家制度の内状、庶民の暮らし、などなどを
    御調べなされました。
    これから先生のご本を生きている限り読ませていただきます。
    本当に老後の楽しみが増えました。長生きしなくっちゃ。
    有り難うございます。


  • ぜん さん (60代・ 北海道・ 女性)

    磐音シリーズ大好きです。終わってしまうのがとても残念ですが活字にならなくても磐音の生活は続いてる気がします。


  • のりこ1936 さん (70代・ 愛知県・ 女性)

    いつも楽しみにしておりました!有難うございました。


  • ねうし さん (50代・ 岡山県・ 女性)

    終わってしまうのがとても寂しいです。
    もっと続いて欲しい!!


  • ほたる さん (50代・ 群馬県・ 女性)

    新刊が出るのをいつも楽しみにしています。もうすぐ終わってしまうのが寂しいです。


  • きんべい さん (60代・ 東京都・ 男性)

    妻の実家が深川六間掘至近、家のリフォームのため1か月ほど間借りしてました。
    情緒のある風景です。


  • 國さん さん (60代・ 愛知県・ 男性)

     次の本が出るのを今か今かと待っているのは、先生の作品です。
    特に、「居眠り磐音」です。
    お体に気を付けて、いつまでも続けて行ってください。


  • 440KAT さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    第1巻から読み続けております。途中何度も第1巻に戻って読み直しつつ今日までやってまいりました。磐音の痛快な活躍が堪らなくその都度心が癒され爽快な気分になり、とうとう最終を迎えることとなってしまい、淋しい感じがしますが、他の全シリーズとともに書庫に収められ、これからの何度となく読み続けていくつもりです。完結したのちも登場人物それぞれの先行き人生を予想しながら過ごしていけることに幸せを感じます。


  • マージー さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    [居眠り磐音]シリーズを始め佐伯先生の作品はほとんど愛読しています。特に磐音シリーズは一番好きだったので、完結してしまうのはとても残念です。


  • グイン さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    2009年の正月に三巻まとめて買って以来のファンです。後2ヶ月で終了とのことですが、密命のような終わり方でなく、ハッピーエンドとしてください。(もう遅いかな?)


  • 紫の雫 さん (60代・ 岐阜県・ 女性)

    番外でもいいので磐音一家を愛する皆さん
    の事を書いて頂けませんか。


  • オレオニャン さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    いつかは終わるとわかっていても、「完結」の文字に心穏やかでいられません。磐音の世界にまだまだ浸っていたいのです。


  • ぴかりん さん (50代・ 滋賀県・ 男性)

    坂崎磐音の生きざまに感動して拝読しております。完結まじかになり寂しさを感じております。


  • Barちゃん さん (60代・ 北海道・ 女性)

    とうとう最終巻です。最初は磐音ちゃん、次第に磐音くん、そしてこの頃は磐音殿と呼んで楽しんできました。全巻揃ったら最初から読み返すのを楽しみにしています


  • 副長 さん (50代・ 青森県・ 女性)

    私、 主人、両親と家族全員で楽しんでいます。
    本当にもう終わってしまうんですね。寂しいけどいつかきっと空也ちゃんの成長物語を読むことが
    できると信じています。


  • 秋田犬好き さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    発売されると直ぐに読んでしまいます。最終巻まであと少しですね。本当に寂しい限りです。


  • 柄星 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    発売時期が待ちどうしい早く次が読みたい!霧子のフアンです 。


  • 北加伊の髭 さん (70代・ 北海道・ 男性)

    シリーズ終えてもひょいと生き様を覗ければ


  • @Kobe さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    第一巻から全巻読破しました。いよいよ最終回を迎えようとしていますが、どんな結末になるのかが楽しみです。
    NHKで放送されたのを見逃してしまいました。残念至極。再放送があるのを願っています。
    佐伯先生の作品は全てのシリーズを読んでいますが、次々と完結しています。
    新しいシリーズが始まるのを期待しています。


  • 新 おきる さん (70代・ 埼玉県・ 男性)

    TVで「陽炎の辻」を見て以来「居眠り磐音江戸双紙」シリーズ毎回、次が出るのが待ちどうしく、ついに
    49巻を7月に読み終え、1月に完結編になると伺い、待ち遠しい限りです。
     磐音の活躍が終わってしまうのは寂しいところで有りますが、兎に角、すっきり、読後感のある、最終編を待っています。


  • ちちぼーろ さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    いつも楽しみに拝読させて頂いております。後2巻で終わるとの事で大変残念に思っています。
    私自身今迄読んでいる作品の中で、4度5度と読むうちに作者の思惑にはまり込むようです。
    今後の作品も大変楽しみにしております。


  • ひでちゃん さん (30代・ 宮崎県・ 男性)

    「居眠り磐音」を毎回読ませていただいております。1月で終わってしまうのは寂しいですが、磐音と土子の決着、幸吉とおそめが結ばれるか、尚武館は神田・神保小路に戻るのか、などに注目しています。どんな最後になるのか大変楽しみです。


  • 磐音大好きママ さん (50代・ 広島県・ 女性)

    何度も繰り返し読んでます。早く新刊が読みたい。が、完結を向かえるなんて…寂しい様な複雑な気持ちです。


  • yoshi さん (80代・ 岡山県・ 女性)

    面白くて、読み始めるととまりません。特に、登場人物の個性の豊かさが大好きです。


  • 昌ヤァン さん (60代・ 山口県・ 女性)

     出版されるのを何時も、心待ちにしておりました。既刊の48巻を読んでも、なお興味が尽きませんが、近くこのシリーズも終了とのことを伺って、残念に思っております。佐伯先生には今後も、「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズに変わる素敵な作品を期待しております。


  • ツッキー さん (50代・ 京都府・ 女性)

    以前むすこから薦められて読んだのが磐音ファンのはじまりです。


  • ミッチー&モモ さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    TVで見た後で、文庫本を買って読みました。田沼意次のところはとても興味深く読んでホッとしたくらいです。文庫本読むときは、TVの俳優さんの顔を想像して読むととても臨場感があって楽しいです。年末年始の最終巻が、とっても楽しみです。


  • はな さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    第一巻からリアルタイム(?)で読み続けてきました。
    おこんと磐音の成長を、我が子のように子供見守ってきました。
    ラスト1ということで、寂しい限りです。


  • 居眠りケンちゃん さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    読み始めると止まらない・・・睡眠不足を覚悟で深夜まで、結果、仕事中に居眠りする事もありました。
    三年前に無事、定年退職して時間を気にせずに楽しく読んでます。シリーズ終了残念です。
    佐伯泰英氏の他のシリーズも全て読ませて貰ってます。佐伯氏の益々のご健闘をお祈りします。


  • ぴっちゃん さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    新刊がでる度に1巻からもう一度読んで、何回読んだことか。完結するのは寂しいですが、佐伯先生、長い間お疲れ様でした。シリーズ刊行10周年の「居眠り磐音 江戸双紙 私の楽しみ方コンテスト」に応募して記念のプレートが届いた時には 舞い上がってしまいました。これからもお元気で、他の作品を楽しみにしています。


  • おむすびとリス さん (30代・ 福島県・ 女性)

    磐根一家と長い旅をしてきました。最終巻、どうなるのか楽しみでもあり、お別れが悲しくもあり…。複雑な心境乍ら、新刊を心待ちにしています。


  • 加茂の住人 さん (70代・ 京都府・ 男性)

    磐音と周りの人との江戸情緒が溢れる世界が素敵です


  • えりママ さん (50代・ 大分県・ 女性)

    NHKのドラマを見て以来、全シリーズを何度も繰り返し読んでいます。続きが気になり、完結が見たいと思いながら、まだまだ続いて欲しい思いもあり、複雑です。空也や睦月の大きくなったところ、辰平や利次郎、霧子のその後も気になるところですし、何より磐音とおこんさんが穏やかに歳を重ねていく様子を見てみたいです。この居眠り磐音シリーズの登場人物の人としての温かさや善なる部分が大好きです。完結しても、特別版などで、是非続きをお願いします。大分県出身なので、架空の藩と言われながらも、豊後関前藩の場所を予想して楽しんだことから、より身近に感じられ、もう一度関前に里帰りして欲しいと願ってます。


上へ