居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • みー太郎 さん (40代・ 福岡県・ 女性)

    母に勧められて読み始めた磐音シリーズ。
    憂鬱な通勤時間も、あっという間に降りる駅に着いてしまうくらい夢中になって読ませて頂きました。
    完結してしまうなんて寂しい限りですが、もう少し磐音ワールドを楽しみたいと思います。
    他シリーズも楽しみにしております!


  • のぼる君 さん (50代・ 福岡県・ 男性)

    第1巻より楽しく読ませて頂いています。さあたま在住の時は磐音が歩いた街をかみさんと歩いたりもしました。終わるのは大変残念です。


  • 清香 さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音さんのいる時代に、タイムスリップしながら、読んでいます。


  • keith さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    締めくくりの物語、わくわく楽しみにしています。
    これからもお体に気をつけてご活躍ください。


  • 堕沙翁 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    磐音のクールにして熱い心根がしびれます。それは市井の人々との日常や鰻捌きの成合から生まれるところが魅力です。


  • わくちゃん さん (70代・ 埼玉県・ 女性)

    待ちに待った最終回?と磐音様、おこんさんとの寂しすぎる別れがとにかく辛い現在の心です
    磐音おこんロス?になりそうで怖い!
    沢山の事を乗り越えて得た幸せな現在の生活が
    空也や睦月達と共に穏やかな日々になり胸がドキドキしながら拝読している小心者でも本当に良かった!と幸せな心でこれからも読み返して楽しめるようにお願いいたします。
    大好きな大好きな大好きな作品の年賀状
    是非とも欲しいです。
    宜しくお願い申し上げます。


  • 猫の空 さん (50代・ 宮城県・ 女性)

    佐伯様 お疲れ様でした。職場の上司から進められて読み始めました。佐伯先生シリーズ「密命」、「交代寄合」、そして一番大好きな作品が後2巻で「居眠り磐音が終わりと思うと寂しくてたまりません」。お願いがあります。番外編を心から心から楽しみにしております。何年先でも結構です。尚武館が再開され空也君の若武者の姿や睦月ちゃんの可愛い成長の姿が見たいです。もちろんどなたも健在の姿で白山もお願いします。笑顔で読み終わりたいです。またハラハラドキドキしながら1巻から読み返したいと思います。


  • やんちゃ坊主のママ さん (40代・ 兵庫県・ 女性)

    磐音様の、大ファンです❕
    テレビシリーズもなかなかよかったです🎵
    原作の完結を受けて、また映像化も拝見したいなぁと思いました🎵


  • 茶々丸 さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    磐音さまが大好きです。
    終わってしまうのが、とても残念で仕方がありません。
    外伝でもいいので、また磐音さまにお会いしたいです。


  • ななちゃん さん (80代・ 滋賀県・ 男性)

    新刊が出るのを毎回新聞でチェックして、楽しみにしています。磐音シリーズは面白くて、あっという間に読んでしまいます。家族みんな大ファンで、順番待ちです!最終刊、Happy endだといいですね!


  • でにーろ さん (60代・ 広島県・ 男性)

    NHKドラマ「陽炎の辻」を見て原作を読みたくなり、第1巻から読み始めると面白くなり、発刊済みの巻すべてを、あっという間に読んでしまいました。このシリーズは、時代小説の面白さを教えてもらったと共に、当時の江戸の地理、風俗等にも興味を持たせてくれるものでした。
    あと2巻で終わりということですが、感動のラストを楽しみにしております。


  • パキ さん (60代・ 広島県・ 女性)

    時代小説は読まないジャンルでしたが、本好きの友人に勧められてすっかりハマってしまいました。
    江戸時代の庶民の生活がぐっと身近に感じられました。今では、佐伯先生の他のシリーズも含めて、江戸時代物ばかり読んでいます。興味が広がりました。ありがとうございます。


  • かっちゃん さん (70代・ 京都府・ 女性)

    佐伯泰英 様
    居眠り磐音、江戸双紙を書店で見つけた時、すでに20巻を越えておりました。
    7年前、夫に先立たれ、一人暮らしになった頃で思わずバックナンバーを注文、購入しました。
    以前、NHK土曜時代劇で放送され、毎回楽しみにしていたからです。
    以来、年2回の発行を待ちわびて、坂崎磐音、おこんの大ファンになりました。
    既に49巻、何回も読み返して、役者さんの顔を思い描きながら、読んでいます。
    完結が近くなり、寂しく思っていたところ、坂崎磐音から年賀状が届く事、とても嬉しく楽しみにしております。


  • ツンチャン さん (80代・ 広島県・ 男性)

    現在81歳(男)、2002年「陽炎の辻」から13年間、楽しくワクワクしながら何回も読み返しています。
    心配なことは元気なうちに終わって呉れることでした。が何とか生きているうちに完結を迎えることができそうです。
    正月を楽しみにしています、最高のお年玉です「ありがとうございます」長生きできて良かった。
    追申 2007年NHKの木曜時代劇「陽炎の辻」連続11回を録画し何回も見なおして楽しんでいます。


  • ふむふむ さん (20代・ 宮崎県・ 女性)

    磐音さまの大ファンです♡
    きっかけは、テレビドラマからでしたが、磐音さまの虜となり、佐伯さんの本へと導かれたわけです。
    小説、素晴らしいです。今度、完結と聞きまして、驚いてますが、たのしみにしてます。佐伯さん、ありがとうございます。刊行、首なが〜くして待ってますね
    (๑•̀ㅂ•́)و✧♡


  • れいぽっぷ さん (30代・ 広島県・ 女性)

    完結を迎えられるとのことで、佐伯先生、そして磐音をはじめ魅力的な登場人物の皆さんにありがとうとお疲れ様を。


  • 神守 小籐次 さん (70代・ 愛知県・ 男性)

    来春の50巻、51巻の発売が待ちどおしい…。と同時にあとがなくなる寂しさで胸にポッカリ穴があく思いです。


  • するがの彷徨人 さん (50代・ 静岡県・ 男性)

    数奇な運命を辿った旅を共にして、最早自分自身が坂崎磐音の家族であるかのような感じがしています。多彩な登場人物との縁の不思議さをかみしめながら、宿敵田沼意次との最終決着に向け、期待とそこで終わるかも知れぬ旅路の結末に一抹の不安を感じております。山あり谷ありの闘いの旅は本当に手に汗握るものでした。長い間ありがとうございました。


  • えっちゃん さん (60代・ 宮崎県・ 女性)

    1巻からずっと読んでいます。
    完結するのが楽しみであり、少し残念です。


  • タクタク さん (50代・ 秋田県・ 男性)

    第一巻から、欠かさずに読ましてもらいましたが、これで完結とは淋しい限りです。子供が旅立ち、磐音はどうしているかねぇ?という心境になります。
    佐伯作品は、家族愛・友達愛らが必ずバックボーンに有るのが、ホッとすると共に親近感を持てて、続後感が充実します。
    今後も、新作を望みます!


  • madampot さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    ある年の新年の2巻同時発売の頃に磐根と知り合い2巻同時発売で物語も完了って偶然
    だけどね。お話も長かったけど私も年取った。これですっかり時代小説のファンに成った
    のも確かなことで色々読みました。磐根はNHKのドラマでも見たし・・。
    書店で探したり古書店で探したりの大人買いで発売の新刊に瞬く間に追いつきました。
    磐根の人柄も次々に出会う人達に影響を与える人望ある生き方、それを支える周囲
    の人達の生き生きとした展開、スリルある描写、その合間のお話の中の食べ物の描写
    の美味しそうなことやら。色んな意味で佐伯泰英と言う作家を記憶しました。
    終了は寂しいけど、普通はもっと以前に終わっていても不思議じゃないから仕方ない。
    戦国時代と幕末のお話が好きですが、わくわくするけどちょっと一息つける物語でした。
    本当にお疲れさまでした。そして、有難うございました。


  • 熊猫 さん (60代・ 広島県・ 男性)

     TVドラマ時代劇から居眠り磐音江戸双紙を知り、原作本を買い込み、ここ4年ほどは新作が待ちどうしくてたまりませんでした。その磐音が年が明けて早々に2巻同時発刊で完結、これはもう寂しい限りです。長期に渡り私を時代小説にのめりこましてくれた佐伯泰英さんには頭が下がります。今では密命、吉原裏同心、小籐次等々、しっかり佐伯マジック掛かっています。いつも私のバッグの中には佐伯マジックのネタ本が入っています。年が明けたら最後の磐音が入り、2016年早々から私のテンションはアップすることでしょう。


  • よし江戸 さん (40代・ 愛知県・ 女性)

    毎回楽しく繰り返し愛読しています。江戸の風情も大好きです。


  • オズモ&クー さん (70代・ 宮城県・ 女性)

    新刊が発売されるのを毎回心待ちにしておりました。
    完結してしまうのが寂しい限りです。


  • 母の楽しみ さん (90代・ 三重県・ 女性)

    息子の後を、楽しんで読んでいます。最初は密命に始まり、古着屋とか終わりましたね。新で復活があるのが楽しみです。磐音さんも加わることが一抹の楽しみです。


  • のんちゃん さん (40代・ 北海道・ 女性)

    なにげなく『吉原裏同心』シリーズを手にとってから佐伯作品にハマりました。
    シリーズものは続きが気になるので、最新刊まで一気に読みたいし、他の作品も気になるしで結果『居眠り磐音 江戸双紙』『密命』『古着屋総兵衛』の3シリーズを同時進行で読むという暴挙に出ました。
    他のシリーズのキャラとどこかで時代かぶってないかな~と期待しつつ、吉原会所の四郎兵衛さんが出てきたら磐音と会ってるのは何代目かな~とか佐々木玲圓と石見鐵太郎ではどっちが強いかな~とか色々妄想しながら読み進めてます。
    「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズは魅力的なキャラが多くて幾代さんと武左衛門のかけあいのシーンが好きです。なんだか憎めないダメキャラなんですが、武左衛門は家族と友人に恵まれてるな~といつも思います。早苗ちゃんがしっかりものなので助かりますね。
    サブキャラが生き生きと充実している佐伯ワールドにはますますハマりそうです。


  • kananch さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    iwane すべて読んでるよ’ それがあっという間に読めてしまうからね。。。。


  • miho さん (40代・ 京都府・ 女性)

    『居眠り磐音』シリーズは、父と一緒に楽しんでいます。
    私が、ドラマを見たことがきっかけで小説に興味を持った時には、父が既に磐音ファンで既刊を集めており、父のコレクションを読んだり、また、自分でも買いそろえたりして、読みました。
    磐音さん、かっこ良くて大好きです。
    1巻で、陰謀により許嫁と別れ浪人になったところから始まり、色々な人間模様や事件を経て、今の磐音さんがある・・・という長いシリーズならではの感動がありました。シリーズを読み進めるごとに、磐音さんがまるで、自分の長年の知り合いのような、そんな気持ちになっています。
    父も大好きで親子で楽しんできましたこの作品、是非、父と私に磐音さんから年賀状を頂きたいと思いまして、今回、応募させて頂きました。よろしくお願いいたします。


  • もみこ さん (40代・ 岡山県・ 男性)

    とてもおもしろかったです。友人にもおすすめしたいです。


  • おこんさんもどき さん (60代・ 東京都・ 女性)

    第1巻から読ませていただいております。大切に保管しています。もうすぐ完結とのこと。嬉しくもあり寂しくもあります。また1巻から通して読み返します。尚武館は、小梅村から引っ越すのでしょうか。磐根様には小梅村で、おこんさんと二人おだやかな余生を送って欲しいです。空也さんは、武者修行にでるのかな
    次の世代の人々の続編も読みたいです。このまま終わらないでください。          


  • たーぼー さん (70代・ 静岡県・ 女性)

    終わってしまうのがとても残念です。
    この磐音シリーズは10回読むほど楽しんできました。
    空也さんで次のシリーズをぜひ書いてください。


  • kumiko さん (60代・ 愛媛県・ 女性)

    剣豪として成長していく姿に感動していました。
    作品を通して、人間として大きくなっていく、おこんさんが一番好きでした。
    最終巻をむかえてとても寂しいです。


  • 竹村 武左右衛門 さん (60代・ 岡山県・ 男性)

    情に熱き己を曲げない坂崎磐音よ、何処へ!


  • ぶん さん (60代・ 京都府・ 男性)

    おとなの漫画感覚で楽しく読ませてもらっています。終わるのが残念なような、長かったような・・・


  • WINBEE さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    眠狂四郎以来にはまった主人公です。勝手な想像ですが笑顔の素敵な剣客と思っています。


  • トマム さん (70代・ 宮崎県・ 男性)

    文庫版ながら、大河ドラマにも匹敵するような長大な読み応えのある「居眠り磐音江戸双紙」シリーズです。そのシリーズが完結するとは、なんとも寂しい限りですが、また新しい作品を是非お書き願いたいと思います。
    今2巻しか出ていない「長崎絵師シリーズ」はお書きにならないのでしょうか?


  • さくらじまさん さん (70代・ 鹿児島県・ 女性)

    陽炎の辻から愛読しています。定年退職した年でした。私は歳をとりましたが磐音は師を越え大きく成長しました。最終巻が楽しみです。


  • 横須賀沿線 さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    85歳の親父がファンで頼まれました。
    年賀状宜しくお願い申し上げます。


  • ヨマネ さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    妻はすべてを愛読してる熱狂的なファンです。ところが、私は横目で見ているだけで、まったく読んでいません。ハマってしまい、仕事が手につかなくなるのが怖いのです。来年に迫った定年後の楽しみにとっています。今月から残り1年を切り、カウントダウンです。


  • イナりん さん (60代・ 三重県・ 男性)

    脳内出血で、倒れてから何もしていない折に、佐伯先生の「密命」三巻を手に入れてから、全巻を読んでいます。磐音さんも、波乱万丈の生き方で楽しい時苦しい時、があった。自分は、「うなぎさし」の日々が一番好きだった。


  • ウエストビレッジ さん (80代・ 北海道・ 男性)

    いつも楽しませてもらってます。次のシリーズが、楽しみです。


  • やまとんび さん (60代・ 石川県・ 男性)

    夏目影二朗始末旅
    交代寄合伊那衆異聞
    密命
    シリーズが完結し残念です。
    又、居眠り磐音江戸双紙も来年1月で完結との事
    寂しい限りです。
    佐伯通信で奥能登の旅驚きました!
    私は千枚田の隣町に住んでいる先生の愛読者です。
    今、鎌倉河岸捕物控(店仕舞い)読んでいます。


  • あきのもみじ さん (70代・ 東京都・ 女性)

    心根の優しい磐音さんが大好きで、いつも新刊を楽しみにしております。つぎで最終巻かと思うと寂しい気持ちですが、新しい御本を読める日を心待ちにしております。


  • HIKO さん (50代・ 岡山県・ 男性)

    完結するのは楽しみですが、これ以上磐根の活躍が読めなくなると思うと残念なような複雑な気分です。


  • きよ さん (20代・ 埼玉県・ 女性)

    母が毎回楽しみにしています。ついに最終巻が来年一月に出るということで、嬉しいやら寂しいやら…。
    途中から沢山の方がファンになられたようで、母は「わたしだけが知っていたのに!!」とファンが増えたことに喜びながら、何やら取られてしまったような思いもあったみたいです(笑)


  • あこ さん (40代・ 東京都・ 女性)

    陽炎の辻から、ずっと読ませていただいています。早く磐音さんたちを楽にしてあげたい気持ちの反面、お別れが近いと思うと寂しくて、複雑な心境です。でも、いつかはくる別れです。心から良かったと思える最後を楽しみにしています。佐伯先生、素敵なお話をありがとうございました。


  • 泉州千亀利泉雅 さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    刀剣ファンが一巻を見て、備前包平記述から読み初めて、佐伯さんの本が120冊以上、切っ掛けの居眠り磐音が完結するとは、残念、残念。


  • しげリン さん (80代・ 山梨県・ 女性)

    母が大ファンです。
    年賀状、楽しみに待ってます。


  • asanosho さん (50代・ 静岡県・ 男性)

    知人に借りた1冊でした、完結してしまいますが最後まで楽しみにしています。そして面白く引き込まれていきました 全巻揃えようと思います。
      


  • やまやん さん (20代・ 東京都・ 男性)

    いつも楽しみに読ませていただいております。
    毎年毎年、発売が待ち遠しくとても楽しみでした。
    終わってしまうのはとてもさみしいですが、
    磐音の最後をとても楽しみにしております。


上へ