居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • 五郎蔵 さん (50代・ 群馬県・ 男性)

    おわってしまうのは残念です。年末に1巻から読み直します。


  • 丘りんちゃん さん (60代・ 新潟県・ 男性)

    今の本が終わって次の本を探している時、次の本に気持ちが入っていけるか心配です。
    でも、「居眠り磐音 江戸双紙」の新刊が店頭に有った時は、安心して買えます。
    間違いなく、その後数日間は楽しめるからです。
    それももうすぐ終わってしまうのですね、寂しい限り!


  • めがねあき さん (70代・ 東京都・ 男性)

    本当に長いあいだ、坂崎磐音とともに過ごし、共有した江戸時代・・・。
    一抹の寂しさと結末への期待が交錯していますが、これからは、古地図とともに妻と東京散策を楽しみにします。


  • ミズサン さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    おこんの大ファン。こんな女性にかしずかれる磐音も又痛快な男性。


  • naho さん (40代・ 愛知県・ 女性)

    山本耕史さんの磐音さんを見てから読み始めましたが、テレビドラマシリーズが終了してからもずっと発売が待ち遠しく読んで来ました。

    読んで時は自分も磐音さん達。。の世界に入り込んでる感覚で一番至福の時間を過ごしてます。
    終わるとおききしたのですが、終わって欲しくない作品です。


  • ガン哲 さん (60代・ 京都府・ 男性)

    間もなく完結、残念でもあり、ホットもしており・・


  • やしち さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音はもちろん、他の登場人物の魅力にも魅せられて読みつづけています。
    終わりが近いのはさびしくもありますが、磐音たちがそれぞれどんな答えを得るのか。
    楽しみにしています。


  • しなもん さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    いよいよ完結!長い間ご苦労様でした。もっと読みた~い!


  • 二代目政男 さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    永きにわたる「旅」の終わり。読者としては大円団を期待しつつ、その一方では寂しさもあり…。

    新年の第一歩、それこそ「旅立ノ朝」を尚武館ご一統と共に迎えたいと思います。

    居眠りせずに!!


  • asakiゆめ さん (50代・ 岡山県・ 女性)

    読み始めると、そこには磐音さんが住む江戸が広がっていて・・・。
    毎回楽しみにページをめくりました。
    清風が吹き抜けるような佇まいの磐音さんに自分の心も洗われるようでした。
    きれいごとかもしれませんが、苦しいとき助けられるのは、人と人の絆や縁、信頼だったりすると改めて気づかされたような気がします。
    迷い、悩んでいた時に、出会えてよかった一冊です。

    何事にも終わりはあります。今はただ静かに待つだけです。


  • 時代劇大好きシアトル娘 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    佐伯ワールドが大好き!いつも新刊が楽しみ。


  • がま子 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    とうとう完結の時が来ると思うと、一抹の寂しさと結末への期待が交錯しています。
    登場人物の全ての方々に幸あれと祈っています。


  • かにょまま さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    1巻目から愛読しているので、いよいよ終わるのかと思うと淋しくて、磐音ロスになりそうです。
    最初が悲劇から始まったので、最後はみんなが幸せに暮らしていることを祈ります。


  • コロンのつぶやき さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    佐伯先生お疲れ様でした、そしてステキな作品をありがとうございます。第1巻から佐伯ワールドに入って抜けられません。はまりっぱなしです。いつまでもお元気で。磐音のスピンオフの執筆を!待ってます。


  • ミー太郎 さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    いつも楽しく、拝読させていただいております。間も無く完結とのこと、期待して待ってます。


  • 大阪いわね さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    陽炎の辻から意次の妾まで全号を読んで、意次親子が差し向ける刺客次々に倒していくさまをいつも楽しく読ませて頂いています。


  • 美男子 さん (80代・ 大阪府・ 男性)

    86歳になり、趣味と言えば、寝る前の読書だけになりました。毎晩、目によくないからもう読むのはやめようと思うのですが、ついつい、おもしろくて次のページまでと何度も思いながらページをめくり、毎晩夜更かしをしています。自分の唯一の日々の楽しみです!もう佐伯先生の本を読みつくしてしまいました。次回の作品も楽しみにしています!生きる楽しみをありがとうございます。


  • かおりん さん (50代・ 沖縄県・ 女性)

    とうとう、とうとう最終話なんですね。
    テレビドラマで出会い、その後原作本を大人買いして最新刊に追いついて、それからは初版本を読み続けてきました。それぞれ方々の生き方にひとつの区切りがつけられるのですね。それでも読み続けていたい世界です。私の中では、いつもでも別の次元の世界で登場人物が生き続けると思います。できれば、時々、その後のことが分かる書簡などが届くと嬉しく思います(´艸`*)


  • マックママ さん (60代・ 広島県・ 女性)

    いつも楽しみに待っています*\(^o^)/*


  • 寝る間も惜しい・・・ さん (40代・ 奈良県・ 女性)

    母が、寝る間も惜しい様子で,  居眠り磐音 江戸双紙 を読んでいます。そんな母にサプライズプレゼントをしたくて応募しました。


  • 東雲蒼摩 さん (30代・ 新潟県・ 女性)

    NHKのドラマで見たのがきっかけで、
    まずは1巻と2巻を購入。

    様子を見つつではありますが
    「居眠り磐音」シリーズ全巻を揃えたいと思います。

    風野真知雄さんや池波正太郎さん等の時代小説が好きで
    「居眠り磐音」シリーズにもハマリました。

    坂崎磐音という男に恋をしてしまいました。
    早く最終巻まで読破したいものです。


  • はんぺーた さん (40代・ 宮崎県・ 女性)

    緑内障を患っている母は、長時間読書することは止められていました。しかし、昔から本好きなので、症状が悪化しないように少しづつ少しづつ読み進めていったようです。このシリーズが大好きらしく、いつの間にか冊数が増えていました。幸いにも症状が現状から悪化せず不思議に思っていたところ、このシリーズを読破する為に医者から注意されていた他の事(コーヒーを控える。お茶も控える。)は忠実に守っていたようです。あんなに大好きだったコーヒーやお茶よりも、磐音さんを選んだのですね。その決心の強さに感心しました。


  • 魔術師ピエロ さん (70代・ 愛知県・ 女性)

    最初は何気なく書店で見つけた一冊。どんどんのめり込み、家族全員が読み始めました。最近では、高年大学で話題になったら多くの愛読者がいることが分かり、見知らぬ方とでも話が盛り上がり友人が増えました。


  • パンおばさん さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    佐伯泰英作品は居眠り磐音の他もシリーズで読んでいます。どれも人情味あふれ、素晴らしく面白いです。そして、この居眠りシリーズも毎号発売を楽しみにして、ハラハラ、ドキドキしながら、時には涙ながらに読んでいます。今後もご活躍期待しています。


  • cuorepapa さん (50代・ 岐阜県・ 男性)

    NHKのドラマを欠かさず見ていました。人情味あふれる画面の中の世界に現在の日本が失くしつつあるものを感じて、テレビを見終わった後に心地よい余韻に浸っていました。


  • はぎ さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    江戸の町並みが思い起こされる描写が大好きです。
    都内を自分の足でぶらぶら歩き回ることが好きになったのは、この小説のおかげです。
    列車や車、バイクなどで高速移動していては気がつかない、小さな発見をできるようになりました。
    東京が「砂漠」だと唄った時代もありましたが、あまりにも上っ面だけを評していたのだなあと思います。


  • 北広じいちゃん さん (70代・ 北海道・ 男性)

    入院中に頂いた“酔いどれ小籐治”から夫婦で佐伯ワールドにのめり込み、磐音を始め各シリーズの新刊を楽しみにしております、“密命”に続き“磐音”も完結してしまい寂しい限りです❗ 他シリーズのますますの充実した展開を期待しています!!


  • おくさま さん (80代・ 茨城県・ 女性)

    シリーズが完結してしまい、がっかりしている主人にサプライズの年賀状を!そして、近々新作をプレゼント出来ますように・・・


  • yocchan さん (50代・ 滋賀県・ 女性)

    いつも冷静で欲のない磐音さんが大好きです
    果たして、どのような、エンディングを迎えるのか、楽しみです
    長い間、ワクワクさせてもらって、ありがとうございました。


  • yocchan さん (50代・ 滋賀県・ 女性)

    いつも冷静で欲のない磐音さんが大好きです
    果たして、どのような、エンディングを迎えるのか、楽しみです


  • kabasan さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    完読まであと少し、頑張ります。📚📚📚📚📚📚📚📚📚📚
    📚📚📚📚📚📚


  • おとど さん (50代・ 北海道・ 男性)

    長い間ありがとうございました。読者ファンは、終結の余韻だけではなかなか納得できない。これからは、
    サイドストーリーや、アナザーストーリー、外伝、それらを文庫本で出版していただければ、読者冥利につきます。ストーリーの最後は、やはり橋の上での大団円を期待しています。


  • ふく29 さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    坂崎さんのような、安心できる、なにかあったら頼りにできる、心強いと思える人がまわりにいるといいなぁとおもいつつ、読み続けていいました。
    最後のほうは、、、どこまでよんだかわからなくなり、途中までよんで思い出す・・ということの繰り返しでしたが、時代小説にはまったきっかけとなるシリーズで、とても楽しめました。終わってしまうのはほっとするような、残念なきがします。


  • ナージャ さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    テレビ放送で初めて「居眠り磐音 江戸双紙」を知りました。それで本を購入して読み始めたら止まらなくなり49巻まで読んでしまいました。いよいよ完結ですが、最後とても楽しみにしています。


  • emaji さん (40代・ 北海道・ 女性)

    長年に渡り、毎回父親と新刊発売を楽しみにしてきた、巌音シリーズが、ついに!最終巻。楽しみでもあり、ちょっと、寂しいような…
    いつか、巌音のその後で、特別号がでるのを心待ちにしています。


  • ねこあーちゃー さん (10代・ 東京都・ 男性)

    ぼくの家は狭くて、ぼくの本は買ってもらえますがママはキンドルでしか新しい本を買いません。佐伯先生の本を読みたいのに図書館で順番待ちです。そんなママのために、最終作(50巻・51巻)はぼくがママに新刊をプレゼントしてあげたいです。あ、お金ためるから51巻はちょっと待ってもらうかも。


  • ようさん さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    主人公坂崎磐音若先生は当然ですが、第30巻から登場の「小田平助」の愛嬌とやさしさが抜群です。


  • 磐音ファンの孫 さん (90代・ 岩手県・ 女性)

    長男を妊娠中入院した際に母が差し入れしてくれたのが最初で、義祖母も持っているこなとをしり、うれしくなりました。その長男は小学一年生、義祖母も92歳になります。毎回発売日を楽しみにしています。終わると聞いて寂しいですが、たくさん楽しませていただきありがとうございます。


  • かげさん さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    まさか私が時代小説にハマるとは!私に加え父母も大ファンです。もちろんドラマも観ておりました。完結して欲しいようなして欲しくないような…いずれにしても我が家では感涙必至です。


  • 白菊 さん (60代・ 長崎県・ 女性)

    磐音とおこんさん夫婦の今後を楽しみにしています。


  • パーマン1号 さん (50代・ 大阪府・ 男性)

    約7年前、会社の上司が貸してくれた第1巻が出会いの始まりでした。以来、通勤時の愛読書となっています。(当然 全巻そろっています。)話はいよいよ佳境を迎えます。最終どのような結論になるのか。期待と不安が入り混じっている状況です。


  • ハムナプトラ さん (50代・ 長野県・ 女性)

    磐音さんに出逢ったのはNHKのドラマでの事でした。そこから本を揃えて佐伯ワールドにデビューしました。「密命」「鎌倉河岸」「吉原裏同心」「伊那衆」「狩り」「小藤次」「古着屋」各シリーズとも70代の母と共に夢中になりました。様々な作品を通じて何より先生の描写力に感じ入るのは「人の成長」です。まだ未熟な子ども逹が様々な出来事を乗り越え、大人になる様が生き生きと描かれ、こちらも感情移入し一喜一憂する。楽しい世界を幾つも味わわせて戴き有難うございました。いくつかのシリーズが大団円を迎える中、いよいよ磐音さんの旅も終わりなんですね。寂しくもあり、心待ちにした最終刊でもあります。各シリーズの素敵な主人公逹のなかでも磐音さんは別格です。言ってみれば佐伯ワールドの「王子様」的存在!(笑)!彼の勇姿を目に焼き付ける気でお正月を迎えます。佐伯先生、益々のご活躍お祈り申し上げます。新作、また引き込ませて下さいませ。


  • 勲の介 さん (70代・ 群馬県・ 男性)

    定年後の楽しみに読み始めて、すっかりはまってしまいました。
    以来毎日読みふけり、坂崎磐音の世界を楽しんでます。
    これからも磐音ファンです!


  • りんたろうパパ さん (30代・ 東京都・ 男性)

    磐音の、鷹揚としていながらも鋭い剣術にいつも引き込まれています。また、物語の面白さはもちろん、男として大事にすべきこと、現代社会で忘れてはいけないことを学ばせてくれる、教科書的なシリーズでした。完結は、とても寂しいです。


  • くまさん さん (70代・ 宮崎県・ 男性)

    NHK時代劇放送からのファンですべて読破しています。終わるのが少し寂しい。どんな年賀状が届くか今から楽しみです。


  • えすけい6X さん (60代・ 宮城県・ 男性)

    初めてこのシリーズを手にしたのは、申し訳ない事ながら古本屋でした。第1巻から第11巻までが並んでいた頃です。1巻目を何気なく読み始めたところ、止められなくなり、その場で11巻までを1度に買って帰りました。以降発売日には、理由をつけて残業をパスして書店に寄り、買って大急ぎで帰ったものです。忘れられないのは第12巻の発売の時で、前月に自宅介護をしていた母親が他界し、気分的にも落ち込んでいた時期です。“磐音”には慰められました。その後も自分が入院して手術を受けたり、リストラの対象となって会社を退職したりと、いろいろな事がありましたが“磐音”にはずっと付き合ってもらいました。いよいよ次回で完結と思うと感慨深いものがあります。佐伯先生には本当にお疲れ様ですと申し上げます。これからもご自愛の上引き続き読者を
    大いに楽しませて下さい。そしてたまには“磐音”の番外編もお願い致します。長い間ありがとうございました。


  • きょうしゅまち さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    とうとう最終話を迎えてしまうのですね。私が生きている間に終わるのかなって思ったことも。
    もう何回読み返したことか。途中何回か、ンッと思ったこともありましたが、続けてよかったと思っています。登場人物の魅力ですかね。寂しくなります。
    長い間、ありがとうございました。


  • エコちゃん さん (70代・ 栃木県・ 女性)

    私が磐音と出会ったのはNHKのドラマでした。
    山本耕史さんが適役で夢中になりました。
    その後、書店のブラブラ歩きで文庫本がズラっと並んでいるのを発見し2冊購入しました。
    本を読み始めるごとにドラマのシーンが浮かび
    1冊を1日で読みきる程ハマリました。
    それから5冊、10冊と大人買いして40巻まで読破!
    現在、残りが手元不如意で買えません。
    あと約10冊 なんとかやりくりして買いたいと思ってます。
    識っているストーリーでも又、同じ配役でドラマで
    見たいと思っています


  • 海の家住人 さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    居眠り磐音のスピンオフをお願いします。例えば「重富利次郎」「霧子」を主人公にしてはどうですか。


  • 大和撫子七変化 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    発売日を手帳に記載し、即購入しています。毎回楽しみにしています。


上へ