居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • 星空と月 さん (60代・ 北海道・ 男性)

    「居眠り磐音江戸双紙」は、毎週欠かさず見ておりました。
    最近は、テレビで、放送されないですね、大変、ざんねんです。
    坂崎磐音から、年賀状をよろしくおねがいします。


  • にしやん さん (40代・ 福岡県・ 男性)

    時代小説でこれほどのシリーズものを読むのは初めてでしたが、すっかりのめり込み新巻が出るのを楽しみにしてきました。また70代の父も愛読しており共通の話題になるのも良かったです。


  • よしあんにゃ さん (60代・ 福島県・ 男性)

    佐伯先生の本は、すべて読んで自慢の本棚に飾ってあります。居眠り磐音江戸双紙は、当初より大好きで、特に磐音が、旅立つ先々の風景、情景が、私の頭に、映画のごとく映され自分と一体になり、物語の中に入ってしまいます。いろいろな時代物を呼んでは見ましたが、先生の書いた本ほどのめりこむものは有りません。私が想うのには、年齢も近く又、性格も似ているのかも知れません。いくつになっても、素敵な人を見ると、恋をしてしまいます。なんとなく、登場人物に好感が持て、主人公が堅物、お人よしで、私自身とダブらせて読んでいます。でも、嫌われるより、慕われたほうがよく、今までを思い返せば、片思いが多かったように思います。何歳になっても、周りの人に迷惑をかけないような、故恋をしたいとおもいます。ロマンチストな男万歳です。体に気をつけ、長く小説を書き続けてください。


  • SLマニア さん (70代・ 福井県・ 男性)

    雨降りノ山を、磐音がお艶をおぶってお大師に参る場面を目頭を熱くしながら読んでいたことを、いまでもはっきりと覚えている。


  • 港の桂子 さん (80代・ 静岡県・ 女性)

    磐音が生きがいだったので凄く寂しい。また続きを書いてください!


  • 舟木和夫 さん (70代・ 静岡県・ 女性)

    終わってしまうのは非常に悲しいです。外伝お願いします。


  • ヤッコ さん (50代・ 静岡県・ 男性)

    磐音が終わってしまったら、何をしてよいのかわからなくなりそうです。


  • ゆうちゃん さん (60代・ 長崎県・ 男性)

    来年1月で完結とのこと、感無量です。
    できればハッピーエンドを期待しております。
    作者の頭の中を覗いてみたい。江戸の町の地図がどのようにインプットされているのか
    見てみたいです。


  • まっちゃん さん (70代・ 東京都・ 男性)

    果たしてどのような最終章を迎えるか楽しみですが
    私の希望では磐根親子が尚武館道場を苦労しながら
    再建して生活している様にしてほしいです。


  • 三条瑠璃 さん (20代・ 北海道・ 女性)

    長い間続いていたこの磐音シリーズもいよいよ完結と聞いて、寂しくもありめでたい気もします。思えば学生のころから始まっているので成人してからも読み続けられた事はとても幸せなことだと思っています。これからもどこかで磐音さんを見られるといいなぁ。


  • くしゃみあくび さん (40代・ 茨城県・ 女性)

    磐音さんが大好きです。終わってしまうのが寂しいです。
    この本と出会い、ドキドキしたり、泣いたり、私の人生も共に歩んできたような気がします。


  • noriphime さん (60代・ 東京都・ 女性)

    終わっちゃうなんて、残念です。初めから大ファンでした。
    交代寄合関異聞も終わっちゃったし、さびしいです。
    もっと古藤次を書いてくださいね。
    お身体に気をつけて今後共よろしくお願いします。


  • じぃじぃ さん (70代・ 岡山県・ 男性)

    第一巻より13年、生きてる間に完結するか心配でしたが間に合いました。本当に楽しく読ませていただきました、有難うございました。その他の物語も全巻持つています、これからも読み返し楽しみます、。


  • 函館夜景 さん (80代・ 北海道・ 男性)

    第一巻から引き込まれ、何度も読み返しています。いよいよ終わりかと思うと寂しい気がします。数年後の磐音の姿も知りたいものです。


  • 草陽 さん (80代・ 宮城県・ 男性)

    磐音の生き方が大好き。苦労と努力の上に輝き有り。
    放映を期待。


  • yacoba さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    坂崎磐根も、、、来年1月で読みおさめとは、とってもさみしいです。
    この歳になって、今更なんで時代小説なの?と自分でも吃驚していますが、面白いんだからショウガナイ
    ですよね。それにしても、長い間楽しませていただきありがとうございました。感謝です。
    佐伯さん、健康には気を付けて、できるならば「もっともっと」楽しませて戴けると嬉しいです。


  • ジョン さん (50代・ 岡山県・ 男性)

    サラリーマン時代は睡眠前のストレス解消に読んでいました。
    体調不調もあり50歳で早期退職し家内と二人で工芸作家となってからは、
    佐伯先生の病気にも負けないバイタリーを感じながら制作活動の励みにして、
    毎回新刊を楽しみにしています。
    「居眠り磐音」シリーズが完結するのが楽しみでもあり、寂しくも思っています。
    どうぞお体をご自愛頂き末永く私達に生きる力を与えて下さい。


  • 大ちゃん さん (50代・ 東京都・ 男性)

    10年前先輩から佐伯先生の本(居眠り磐音シリーズ)を紹介され読みました、それから佐伯先生のシリーズすべて読破し、新刊の発売日を楽しみにしています。来年1月発売の「居眠り磐音」が終わるのがとても残念であるとともに、磐音を取り巻く人たちがどうなるのかわくわくです。今後も新シリーズ、裏同心など楽しみにしております。佐伯先生もお体にお気をつけて、執筆頑張ってください。


  • katsu884 さん (80代・ 兵庫県・ 男性)

    佐伯泰英さんの本に出会ったのが「居眠り磐根 江戸双紙 陽炎ノ辻」2003年頃の事でした。
    以来、「秘剣シリーズ」「密命シリーズ」「狩りシリーズ」「酔いどれ小籐次」「吉原裏同心シリーズ」「鎌倉河岸捕り物控え」「交代寄合伊那衆異聞」「古着屋総兵衛始末シリーズ」「新古着屋総兵衛始末シリーズ」等々 約12年間で優に200冊を超える蔵書が出来ました。
    今後まだまだ増える事を見越して 最近本棚を増設して対処しております。
    最近「交代寄合伊那衆異聞」が完結終了されましたが このシリーズは今までの佐伯さんのシリーズには無かった雄大な海外が舞台の小説で 主人公の「サムライトウノスケ」の人物像がとて痛快でも面白かったのですが 終了してしまってちょっと残念な気がします。
    先日 本棚を 整理していて「居眠り磐根 江戸双紙 陽炎ノ辻」が眼に着いたので手に取って
    読み出したら 12年前に買った本なので内容は半分ほど忘れていたのでとても新鮮で 初めて読んだような気がして一気に読み終えてしまいました。これからは徐々に前の本を読み返す楽しみを見つけて
    一人でほくそ笑んでおります。
    私は80歳を超えて 今の楽しみは 読書とウクレレを弾くこと それと インターネットですが 
    メガネをかけると本は未だしっかりと読むことが出来ます、 ウクレレは年2回の発表会の為の練習に明け暮れしてます。
    佐伯さんも 沢山のシリーズ本をこなされて大変だろうと思いますが 体に気をつけて 我々読者の
    為にも頑張ってください。

      
     


  • 押上村のお清 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    ドラマをきっかけに娘と読み始めました。主人も巻き込み、今では主人の方が新刊が出るのを待ちわび、他の佐伯作品も全巻読んでしまっています。
    職場は両国、住まいは押上。本所・小梅村etc.馴染みの地名が沢山出てきて、「磐音様もここを歩いたのかな~」と思いながら歩いています。
    最終刊、寂しいですが楽しみに待っています。


  • カッツン さん (60代・ 東京都・ 女性)

    テレビの居眠り磐音を見て意味白くって、本を読んでみたくなりずっと読み続けるようになりました。
    磐音さんとおこんさんの恋愛観が素晴らしいです


  • 畑の親父 さん (70代・ 茨城県・ 男性)

    居眠り磐音の完結はさみしい。空也が姥捨の里へ里帰りするまで続けていただけたら嬉しかったのですが、残念です。


  • 香港時代劇娘 さん (40代・ 東京都・ 女性)

    もともと時代劇が好きだった私に母が『居眠り磐音 江戸双紙』の最初の10巻を送ってくれたのが佐伯先生作品との出会いで、その後は全シリーズを買って何度も繰り返し読んでいます。その中でも居眠りシリーズの磐音さまが一番好きなキャラクターで、この度のシリーズ完結はさみしい気持ちでいっぱいです。これからもずっと、繰り返し読み続け、磐音さまは私の中で永遠に生き続けます!


  • カッツン さん (60代・ 東京都・ 男性)

    テレビの居眠り磐音を見て意味白くって、本を読んでみたくなりずっと読み続けるようになりました。
    江戸の町の風景が目に浮かぶようです。磐音の悲劇、そして、おこんとの出会い。磐音の剣さばきが目に浮かぶようで、どんどん引き込まれていきました。


  • さとちゃん さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

     いつも新刊の発売を楽しみにしておりました。新年の発刊が完結とお聞きし大変残念な思いです。
    今、四度目の読み返しの途中ですが話の筋が判っていても楽しく、かつ毎回読み進める度に新しい
    発見もありました。
     磐根は私の日常の辛かったこと、悲しかったことを何度癒してくれたか本当に有難う
    ございました。完結編が大団円に終わりますように!
     最後になりましたが佐伯先生長い間有難うございました。今後はあまり無理をなさらず
    健康に留意されますよう願っております。


  • BMA さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    最後は奈緒を大切に書いてほしい、また、密命みたいに、主人公を死なせないでほしいです。


  • ヤッホー さん (60代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音シリーズは、佐伯泰英氏の著作の中でも一番と言っても良い名作だと思います。
    磐音とおこん二人の恋愛、意次との戦いそして磐音の剣さばきが目み浮かぶようで引き込まれました。
    作家とは 同名(字は違いますが やすひで)というのも 親近感を覚える(笑い)のかも。


  • Y.O. さん (60代・ 東京都・ 女性)

    毎回、毎回、楽しく読まさせていただいております。
    もうすぐ完結というのは、嬉しいような、寂しいような複雑な気持ちで一杯です。


  • おこん霧子 さん (70代・ 愛媛県・ 男性)

    シリーズも50、51で終わりとは感慨深い


  • 猫風太の父 さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    坂崎磐音の優しさと取り巻く人たちの優しさが好きです。


  • tomoneko さん (40代・ 東京都・ 男性)

    母がファンなので代行で投稿しています。
    お願いします。


  • さゆり さん (60代・ 長崎県・ 男性)

    退職し、佐伯先生の小説を読むようになり、220冊を超えました。その中で特に坂崎シリーズが大好きです。最終回になり完結するのは残念です。しかし、早く読みたいですね。これからもいい作品を世の中に出し続けてください。


  • こころ虚ろ さん (60代・ 奈良県・ 女性)

    佐伯ワールドにはまり何年か。特に居眠り磐音シリーズは特別。いつかは終わるとは思っていましたが・・
    こころ虚ろで先号から読めずに本棚に眠っています。どうか先生 時々でいいです 磐音のその後を
    何かの形で出してください。それを期待して何とか終刊を受け止められると思います。


  • かあちゃん さん (70代・ 東京都・ 女性)

    主人に付き添って行ったある病院の書棚で「居眠り磐音江戸双紙」に目が留まりました。それから49巻全て楽しみに読ませて頂きました。発売日には年甲斐もなくソワソワしている自分が恥ずかしく、家族にはその表情を見せないように苦労してきました。今回50,51巻を以てこの楽しみも終わります。次は何を?と今は思案の中ですが、まずは50、51巻の発売の日を首を長くして待ち望んでいます。磐音の凛々しくて思慮深い人柄とおこんの美しく利発な女性に憧れ、いつか引き込まれてついに完結を迎えます。寂しいですね~。佐伯先生長きに亘って楽しい夢をみさせて頂き有難うございました。どうぞご自愛下さいますよう、心よりお祈りいたします。有難うございました。


  • azuki さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    完結楽しみであり、寂しくもあります。

    家族、友人も巻き込んでます。
    再び原作に忠実な形で映像化されることを、切に期待しています。


  • どんてん さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    磐音のきめ細かな優しさと強さに引かれ読み続け、新刊の発行は、まだかまだかと待ち焦がれてこれまできたが、後2刊で完結とのこと非常に残念です。


  • やっちやん さん (60代・ 長野県・ 男性)

    佐伯作品は全て拝読しています シリーズが完結するのは楽しみでもありますが寂しくなりますね


  • ゆうさんおじさん さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    昨日「鎌倉河岸捕物控・店仕舞い」を購入して、一気読みいたしました。お正月に発売される「居眠り磐音」を楽しみにしています。大阪市の図書館で初めは借りて第1巻から読んできましたが、新刊に近づく程予約が増えるので、それならばと「購入して読もう」と考えて新刊が出るのをに楽しみに購読して、読ませていただいております。磐音もそろそろ終焉を迎えつつありますが、最後は必ずやハッピーエンドで終わって盛る事を願っております。


  • azuki さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    何度、読み返しても飽きずにわくわくさせてもらいます。
    家族、友人も巻き込んでます。
    再び原作に忠実な形で映像化されることを、切に期待しています。


  • とん さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    いつも、新刊が出るのが楽しみだったのですが 終わりが近くなってきたかと思うと淋しい限りです。また、ワクワクドキドキの新しいシリーズでないかなぁ


  • neemfarm さん (70代・ 静岡県・ 男性)

    最終章型の楽しみです。
    磐根のキャストもいいけど、小田平助は誰に演じてもらえばいいかな。


  • 楽ママ さん (50代・ 広島県・ 女性)

    佐伯通信をもと発売予定日の翌日の昼休憩に書店へ出向き購入。まず ざっと読み、続けて今度はゆっくりと。読み終わったら主人に。そして 少なくとも年に一度は 1刊から再度読み。私の楽しみです。完結を早く読みたい。願わくは
    お子達の成長・活躍も読み続けたい。
    私の我儘でしょうか?


  • 新之助 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    「居眠り磐音」シリーズ全般を読んで思うこと、読んでいて場面が頭に思い浮かんでくることです。さすがに作者が依然シナリオを作られていた方、情景描写がすごいなと感じ入ります。
    いよいよ完結。田沼との闘いの後の空也の成長も是非みたいものです。


  • 不眠磐子 さん (70代・ 神奈川県・ 女性)

    居眠り磐音江戸双紙も遂に・・・ですか。第1巻からず~~と読ませていただきました。
    次々に襲いくる権力者の攻撃を「ひなたぼっこの猫」の剣気で切り抜けてきた磐音さん。
    最終回となるのは本当に残念ですが、どんなお話が展開されるか楽しみです。


  • 時野大臣 さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    主人公である坂埼磐音を中心にした家族を実に塩梅よく配置し、上は次期将軍から下はウナギ裂きの子供まで幅広い登場人物を活躍させた佐伯先生の構想力・筆力にはただただ脱帽です。


  • COCCO さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    図書館でふと手に取って読み始めました。今は、佐伯さんのすべての作品を新刊がでるたびに読んでいます。テレビでドラマ化されたりしてますので、映像とともに楽しんでいます。今後も息長く書かれることを願っています。


  • 三原紀一 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    妻に薦められて読み始めました。当初は図書館で借りてきて、読んでいました。何回読んでもおもしろいので、そのうち手元に置きたくなって、まとめて30巻ほど買い込み、その後は新刊がでるたびに買って読んでいます。終わるのは残念です。せめて霧子の子供が生まれるまで続けてほしい。


  • こてつ さん (50代・ 鹿児島県・ 女性)

    痛快チャンバラにはまってしまいました。 次から次へと読み続け気が付くとあと2刊で終了とは、なんと残念です。 磐音を取り巻くあたたかな雰囲気がすきです。


  • まっつん さん (40代・ 東京都・ 男性)

    磐音のように、生きたい、でも、生きられない。多くの人達の、一服の清涼剤として、又、人生の糧として、居眠り磐音は、あったと思います。50巻、長かったような、あっという間だったような、でも、夢ような時間でした。佐伯先生、お疲れ様でした。ありがとうございました。
    磐音のように、生きられるように、少しでも、精進したいと、思います。
    先生も、お身体を、ご自愛下さい。


  • こいもちゃん さん (80代・ 兵庫県・ 女性)

    発売日が待ち遠しくて、一巻から四十九巻まで何回も読んでいます。
    最終回も楽しみにしています。


上へ