居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • 鎌倉河岸通い さん (20代・ 埼玉県・ 女性)

    知ったきっかけはNHKの再放送ドラマでした。それから小説を読み始め、今ではすっかり磐音ファンです。終わってしまうのは残念ですが、同時に嬉しくもあります。最終巻発売前にもう一度最初から読み直ししながら、楽しみに待とうと思います。


  • ぴいすけ さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    原作にすっかりはまってしまいました。磐音のぶれない信念とスッキリする読後感は毎巻大満足です。でもすぐに次巻を読みたくてたまらなくなるんですけどね。


  • gorogoroputan さん (20代・ 東京都・ 男性)

    完結編がとても楽しみです!
    しかし完結したあと、「居眠り磐音」の新刊が出ない状況を受け入れることが出来るのだろうか?


  • あっちゃん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    居眠り磐音がとうとう完結!さみしい。空也や睦月等2世の物語を続けて欲しい。また、


  • うりぼう さん (40代・ 福岡県・ 女性)

    東京へ行くたびに、時間を作っては別巻の江戸の地図を片手に、深川六間堀から宮戸川、両国橋東広小路の金的銀的、西広小路の今津屋、柳橋の船宿川清、神田明神、富士見坂、神田三崎町、吉原などなどを歩き廻り、一人江戸の町にタイムスリップして楽しんでいます。遥か遠い存在でしかなかった江戸時代が、磐音たちとの出会いによってなんと身近な世界となったことか。武士道の国・日本に生まれて幸せです。
    磐音たちにもこのままずっと穏やかに暮らして欲しいと願っています。


  • MOK さん (50代・ 大阪府・ 男性)

    坂崎磐音に出会ったのはドイツで、NHKの日本語放送のドラマでした。帰国後に家内が本を集めだしました。 既に20巻以上出ていました。 最初は興味が無かった私ですが、家内が本の方が面白いと盛んに勧めるので読み始めたところ、それこそ1日1冊のペースで夢中になり、それ以降は新刊が出るのが楽しみで過ごしてきました。 佐伯先生が以前から明言されていた50巻が近づくにつれ、物語も終わりに近づくのが非常に寂しく思うこのごろですが、登場人物の成長を見届けながら大団円に向かっていく楽しみもあります。 最後まで坂崎磐音らしい清々しい物語を期待しています。


  • TOMIさん さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    入院中に、同室の方から本をお借りして以来、大大大ファンになりました。繰り返し何度読んでも、ドキドキ、ワクワクしています。今では、磐音さんのセリフも覚えてしまいました(笑)


  • daimama さん (50代・ 愛媛県・ 女性)

    磐音とおこんに会えなくなるのは寂しいです


  • けいたろう号 さん (60代・ 新潟県・ 女性)

    私の94才になる母は、根っからの時代小説ファンです。
    NHKの「陽炎の辻」を見たのをきっかけに、私がプレゼントした三巻セットですっかり夢中になり、シリーズを読破しました。
    今は右目が不自由ですが、大きな虫めがねで大好きな磐音さんを読んでいます。
    その母に、磐音さんからの年賀状を送って頂きたいと思い、宜しくお願い申し上げます。


  • さあちゃんはご機嫌 さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    次回作がでるまでの、間が待ち永くてたまりませんでした。でもその間、佐伯さんの他の作品で、楽しませていただきました。


  • ニャン2 さん (60代・ 岡山県・ 男性)

    愛弟子の二人が結婚したところで終了させた方が小説として素直だったと思う。


  • つきしま さん (20代・ 埼玉県・ 女性)

    木曜ドラマから知って、原作にハマりました!


  • cute_juri さん (30代・ 北海道・ 女性)

    ドラマ居眠り磐音を見てからのファンです。母も大ファンで、居眠り磐音江戸双紙も何度も読み返してます。

    磐音さん。のラストがどうなるのか?
    楽しみにしてます!


  • モコモコ さん (30代・ 青森県・ 女性)

    母のために本を買うのは娘の役目。いつも楽しみにしています!


  • ナルさん さん (60代・ 栃木県・ 女性)

    次の2冊、とても楽しみですが、これを最後に、磐音や周りの人達にもう会えなくなると思うととてもさみしいです。
    本を読んでから高野山や大分県に旅行して思いに浸って来ました。


  • 大崎ケントのパパ さん (60代・ 宮城県・ 男性)

    長いようで短かったシリーズでした。磐音やおこん、金兵衛といつも私の中にいました。ありがとうございます。


  • さつきちゃん さん (10代・ 埼玉県・ 女性)

    ちょっとむずかしいお話だけど、だいすきですっ!!!
    絵も好きです!これからもずっと応援していますっ!


  • sum1115 さん (70代・ 埼玉県・ 女性)

    佐伯さんの全作品を夫婦で読んでます。これからも楽しみにしてます。


  • nao3872 さん (60代・ 奈良県・ 男性)

    最初『密命』を本屋で、おもしろそうだったので購入しました。その後、同じ佐伯先生の【陽炎の辻】を何の疑いもなく手にとりました。そして通勤の途中に「居眠り磐音 江戸双紙」を読むのが楽しみになりました。仕事や親の介護等いろいろなみ事がありましたが、「居眠り磐音 」にほっと一息つきました。また政次、総兵衛にも助けられ今ようやく落ち着いたところです。佐伯先生、ありがとうございます。いつまでもご健勝を祈っております。


  • イシカリのブーさん さん (50代・ 北海道・ 男性)

    ある日、何気無くテレビをつけた時に放送されていたのが陽炎の辻でした。そして、その時が坂埼磐音との付き合いの始まりでした。今は、最終巻の発売を楽しみに待っています。磐音に出会わせてくれた佐伯先生に感謝いたします。この物語は、これからも繰り返し繰り返し読み続けていくことになりそうです。


  • toshi さん (60代・ 岐阜県・ 男性)

    テレビで知って読み始めました。次巻を待つ間何回読み返したか、何度読んでも飽きません。完結するのは寂しいですがまだまだ愛読書になってくれそうです。


  • タマ さん (40代・ 東京都・ 女性)

     NHK土曜時代劇で山本耕史さん主演で放送されて以来、原作を一気に購入、愛読しています。50巻完結は以前より宣言されていましたので、1巻1巻近づくにつれ、楽しみとともに終わってしまうと寂しいと思う気持ちがありました。田沼意次の残党との最後の対決をドキドキしながら、最後まで見守りたいと思います。


  • K さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    毎回、発売日がたのしみです。買ってから2,3日で読んでしまいます。


  • K さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    なんか知らないが、読み続けてしまいました。結局、面白いということなんだろーな。


  • 霧子のおじいちゃん さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    居眠り磐音江戸双紙陽炎の辻を手にしてから、居眠り磐音シリーズはもちろん、佐伯先生の時代小説はすべて読ませて頂いています。それもすべて2回3回と繰り返し読んでいます。その中で、居眠り磐音シリーズは、私のとって癒しの本になっています。もちろん苦難の時や、霧子の昏睡状態など、はらはらすることも少なくありませんが、その時の周りの人たちの優しさは、災害時によく言われる日本人のそれに通じるような気がいたします。今後も尚武館に集う人たちに幸あれと祈っています。


  • 中越おこんさん さん (60代・ 三重県・ 女性)

    はじめは主人が読んでいたのですが、今では私がはまってしまいました。
    おこんさんの、きっぷのよさと、江戸前のべらんめえは大好きです。
    新刊がでるのが楽しみですが、最近は少し間があるので、以前の物を読み返して
    出版されるのを今か今かとまっています。
    来年で終わってしまうのはさみしいです。


  • 山本京太郎 さん (50代・ 北海道・ 男性)

    史実にて田沼意次の失脚は存じていましたが、それをどういう風に描かれるのか楽しみにしていました。権力と欲は、際限ないものであり、一度握ると手放せないもので、末期は滑稽なものですね。自分の信念を貫く磐音のラストがどうなるのか楽しみです。


  • サボテン さん (50代・ 山形県・ 女性)

    とにかく、続きがまちどうしくてたまらないのです。


  • なつ さん (30代・ 千葉県・ 女性)

    インターネットでの応募など、普段は怖がって絶対にやらない母からの依頼です。
    心底楽しみにしているようです。


  • 明智好雄 さん (60代・ 京都府・ 男性)

    あと2回で完結となるそうですが、残念でなりません。時代小説を読み始めたのは、この「居眠り磐音江戸双紙」からです。暗い時代ですが、そこでく清く、逞しく生き抜く「磐音たち」、常にポジティブに闘う「磐音たち」、本当に活力をもらっています。佐伯先生の時代小説は全て読んでいます。平均寿命は延びています。もう一本、新シリーズを期待しています。


  • いっちゃん さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    磐音を取り巻く人々の姿がとても素晴らしいと感じます。大変良い作品を読ませていただき、有難うございました。


  • だんなは、磐根ファン さん (60代・ 広島県・ 女性)

    亡くなっただんなが、最初はファンでした。私も見せて貰って最初から読んでいます。最終会を見ずに逝って残念だったでしょう。


  • 暁のテン さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    居眠り磐音を知ったのはTVの陽炎の辻でした、あれから何年?いよいよクライマッス、空也と睦月が関前に帰って奈緒も関前に、関前で始まって関前で終わってほしい。


  • しえる さん (60代・ 広島県・ 女性)

    初めはNHKのドラマでした。主人公が、かっこいいのに食べる事にとても関心があると言う性格設定が、ほほえましかったです。それから、ざさっと、読み、今いつも、新刊まちです。早く完結しないかなと思っていましたが、今は名残惜しいてす。


  • ホタルの光 さん (40代・ 山梨県・ 女性)

    磐音の柔軟な考え方や成長の記録、人との接し方から得るものが沢山あり、大変おもしろく又勉強になりました。
    ここで終わってしまうのがとても残念で、今度は子供の成長の記録と子供の目から見た磐音の話を読んでみたいです。


  • みーやの飼い主 さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    「居眠り磐音」いよいよ完結。楽しみでもあり、さみしくもあり!


  • komiyoko さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    居眠り磐音シリーズを毎回発売当日を心待ちにして直ちに購入しています。私が購入に行けない場合でも夫に頼んで購入してもらい読んでいます。また、TVの磐音シリーズも録画してずっと保管しています。
    次の号が1月に発売予定と聞いておりますのでとても楽しみにしております。


  • H.Y さん (100歳以上・ 埼玉県・ 男性)

    20年のファンです。文庫本を読んでいます。


  • ももダンナ さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    偶然に観たTV時代劇「陽炎の辻」から引き込まれました。
    次々と起こる苦難を、面にはにこやかな顔でこなしてゆく磐音の
    心の強さ。 それを支える剣の道。自分を研ぎ澄ます鍛錬。
     →今の自分に必要な意欲と力をいただけてます。
    次が一つの区切りになるのでしょうね。
    これからも佐伯さんの作品を楽しみに待ちます!


  • 花仕事 さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    いよいよ完結、時代小説にはまるきっかけが、このシリーズ。感無量!


  • ちゃんし さん (20代・ 青森県・ 女性)

    時代劇「陽炎の辻」を中学生の頃にテレビで見たのが初めての磐音との出会いで、それ以来少しずつ「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズを読むようになっていました。大長編シリーズの完結をめでたく思う気持ちもありますが、寂しい気持ちもあります。本当に大好きでした。


  • こっこ さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    友達に本を紹介してもらってはまりました。
    いつかその友達と大山登山をしようと話しています。
    今はもうすぐ終わってしまう寂しさと、最後がどうなるのだろうかというワクワク感とが交錯しています。
    是非、空也を主人公に、磐音ワールドの先の話が読みたいです。

    年賀状の企画、素敵ですね!!


  • スワン さん (60代・ 新潟県・ 男性)

    酔いどれ小籐次を友人に勧められて以来、居眠り磐音、鎌倉河岸、交代寄合伊那衆、吉原同心……すっかり佐伯作品にはまり、年表片手に楽しんでいます。密命、交代寄合伊那衆に続き居眠り磐音の完結は寂しいですが、マダマダ楽しみは続きます、いつまでも元気で楽しませて下さい。


  • がちゃぴん さん (60代・ 三重県・ 女性)

    いつも楽しみにしています。後、二巻で終了してしまうのがとても残念です。


  • himajin さん (30代・ 神奈川県・ 男性)

    初回から、刊行された全巻を買い揃えております
    4年前玄関にて転倒し、大たい骨を骨折し緊急搬送されました
    入院時も「磐音さん」を愛読しておりました
    91歳の熱烈なファンです。サプライズで新年を迎えさせて頂けませんか。


  • ビビチョコ さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    先日第49巻(意次の妄)を読みました。空也の成長が楽しみです。


  • 折尾娘 さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    親族一同大ファンです。磐音シリーズ完結、お疲れ様でした。


  • 紀蔵 さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    磐根大好きです(*^^*)こんな男性が現代に居たら絶対に好きになってます!毎回ワクワクしながら購入しています。1月発売の2冊で終わってしまう!と思うと…先が読みたいけど、寂しいです(-_-;)私の本棚には佐伯さんのシリーズでいっぱいです(*^^*)何度読み返しても江戸時代にタイムスリップします。他のシリーズも楽しみにしてます。これから寒くなりますね。お身体ご自愛下さいませ。ますます面白い小説をお願い申し上げます。


  • りゃま さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズを読んでいた友人が何人もいて、とても気になって読み始めました。最初は図書館で借りていました。物語に引き込まれ、家事もそっちのけで読み続けていましたが、夫の父が愛読者だということがわかり、以降、新刊が出ると義父から借りて読んでいます。磐音が青年から不惑へと人生を重ねていくともに、読書している時の気持ちも軽やかな気持ちから落ち着いた心境になってくるから不思議です(実際は磐音より年上ですが。。。)。最終巻が待ち遠しいような、まだまだ続いてもらいたいような、とにかく早く続きが読みたいです!!


  • May さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    どんな結末が来るか楽しみです。


上へ