居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • ムック&ナナ さん (60代・ 静岡県・ 男性)

    NHKの番組を見てから大の磐音ファンになり、発刊される度にTVでの配役・俳優さんを思い浮かべながら貪るように読ませていただいております。どのような結末で完結となるのか大変興味深く、来春正月を待ちわびております。


  • アンコウ さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    普段はなにげない出で立ちから、切迫した場面での振舞い、特に剣さばきを頭に描きながら愛読しています。


  • 石巻の人 さん (90代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐根  密命  古着屋総兵衛  吉原裏同心ほかも読んでいますが
    何といっても何回読んでも読めるのは磐根です。
    しかし江戸時代の人たちは随分と人を殺傷したんですね。
    小説のなかではと思いながらも本当にこんなことはないと感じています。


  • 空也の uncle さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    最終回では空也がどうなっているのか楽しみです。
    父を超えることができるのかな?超えてほしいけど・・・、続編を期待しています。


  • 邦翁 さん (60代・ 長崎県・ 男性)

    ラスト2巻で結末がどうなるか気になってどうしようもありません、一介の剣術使いで静かな余生をおくるのか、あるいは佐々木道場(坂崎道場)を元の場所に再建し江戸幕府の剣術指南として大活躍するのか。
    私ならば、嫡男の空也を鍛え上げ「佐々木空也」を名乗らせ佐々木玲圓が負っていた秘命を継がせることで坂崎磐根に静かな余生をと考えますが・・・・・・いかがでしょうか!


  • マッキー さん (40代・ 東京都・ 女性)

    もうすぐ終わってしまうなんて信じられませんが磐音様や皆様の最後の活躍を楽しみにしております。つい最近まで五間堀近くに住んでお、らましたので自分の行動範囲を照らし合わせて話しに入り込んでます。佐伯先生ファンの父とともに応援してます!


  • ヒーパパ さん (50代・ 東京都・ 男性)

    いつも次の発売日はいつだろうと楽しみにしております。
    但し遂に完結とのことで楽しみでもありもうおしまいかと残念に思う大変複雑な今日この頃です。
    完結編では土子順桂との対決があるのか神保小路に戻れるのか気になるところが尽きません。
    何はともあれ驚きの結末を期待します。
    また佐伯先生には磐音は終わっても末長くご健勝且つご活躍されるよう祈っております。


  • 牛うし さん (60代・ 東京都・ 女性)

    一番深い場面は 磐音が佐々木玲圓養父母の遺骸を必死になって運び隠れ墓地に埋葬 泥にまみれた遺髪を手に・・何も聞かされていないおこんさんに 妊った兆しが・・孤愁ノ春・・です じんじん来ます。最終話 坂崎磐音家族は 道場は 親愛なる人々は 佐伯先生の意でなく主人公 坂崎磐音の思いが発するのでしょうか。


  • 亮ママ さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    佐伯先生、お疲れさまでした。

    時代小説好きの私が磐音シリーズ第1巻に出会ったのは、何年前だったか…
    それからは、発表が待ちきれない想いを幾度したことでしょう。
    とうとう、一番恐れていた最終巻…
    まだまだ続けて欲しい。
    空也さん、睦月ちゃんの成長も見守りたい。
    又、何時の日か、磐音ファミリーに会えますように…


  • リブ さん (60代・ 島根県・ 女性)

    磐音の真摯な戦いぶりは、忘れていた生き方の見本です。


  • うたたね さん (40代・ 北海道・ 女性)

    3年ほど前に義父から「陽炎の辻」を勧められて読んで以来、坂崎磐音の大ファンです。一気に刊行済の続編を読み進めました。実家の父にも又貸ししたら案の定はまっていました。江戸の文化や磐音を取り巻く人々の生活が生き生きと伝わってきて、読み終えた後も余韻が残ります。完結してしまうのは寂しいですね。いつか空也や弟子たちの目線での番外編も読んでみたいです。佐伯先生、長い間の連載ありがとうございました。


  • kiwamaru さん (60代・ 山口県・ 男性)

    妻は先生の大ファンで、「密命」シリーズから時代小説はほぼ読破しています。ゆっくりでいいですから、これからも楽しい本を待っています。


  • 松風 さん (20代・ 山形県・ 女性)

    磐音を知ったきっかけはドラマでした。それからすぐ続きが気になり小説を買いました。終わってしまうのは寂しいですが、どのように完結し、磐音達が辿り着いた先の道がどんなものになるのか、とても楽しみです。


  • sammi さん (40代・ 京都府・ 女性)

    最近読み始めたばりなのですが、面白すぎて何もかもを放り出して読んでいます。ごはん中もお風呂の中でも読んでいます。
    早く続きを読みたくて気持ちは先を急ぎますが、味わいながらしっかりと読み進んでいます。
    最後がどうなるのか、それ以前にこれからがどうなるのか楽しみすぎます。
    佐伯先生、こんな素晴らしいシリーズを作ってくださって本当にありがとうございます!


  • じま さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    年賀状をいただけるなんて夢のようです♪ありがとうございました♪


  • まろんママ さん (60代・ 茨城県・ 女性)

    老眼になって細かな文字が読みづらくなり、本を読むのが億劫になりましたが、このシリーズだけは発売を待ち望むほど楽しみに読んでいます。


  • 新米ばあば さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    物忘れ外来に通院するようになった姑と私の共通項は居眠り磐音。最新号を手渡す時、姑の顔は嬉しそうで、しばし読書を楽しんでいます。比較的文字も大きいので読みやすいようです。私が最初に読みたいのをぐっと我慢して、2番目に読んでいます。長く我が家の円満の素をありがとうございました。


  • paz さん (70代・ 岡山県・ 男性)

    以前,私は海外のミステリ-や冒険物ばかり読んでおり,時代小説には全く関心がなかつたのですが,知人に勧められた第一巻の陽炎の辻が面白く,以来すつかりファンになりました. シリーズが終わるのは残念ですが,どんな結末になるかわくわくして待つています. 佐伯先生のお陰で江戸の風俗や時代の空気が判り
    時代小説がますます好きになりました,

      


  • ととろ さん (60代・ 岩手県・ 女性)

    いつも発売日に購入しております。
    次は何月とカレンダーに忘れずにチェックするほど待ち望む私を「巖音樣」は知らない事でしょう~。
    本棚は、佐伯泰英氏の本だらけです。
    巖音樣の心意気、女性への優しさ奥深さにいつも涙で心に染みます。


  • 霧笛に咽ぶ男 さん (70代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音江戸双紙一巻から四十九巻まで愛読しましたが、あと二巻で終わると思うと非常に寂しい思いです。磐音おこん夫妻と田沼親子の暗闘に一応の結末を見ましたが、空也の今後が非常に気になるところです。佐伯先生お願いです。その後の空也がどのような過程を経て、立派な剣客に成長して行くのか是非続編
    をお願いします。楽しみにしています。


  • なるなる さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    NHKの放送で初めて居眠り磐音を知り、図書館で何冊か読んだ後に次の巻を待ちきれず、思い切って35巻までの大人買いをしてしまいました。それから何年経ったでしょうか。いつの間にか磐音の世界の中に自分までもが生活している気分にさえなっています。磐音の温かく染み通るような人柄と、取り巻く人たちの魅力もですが旅の風景から食べ物までも目の前に浮かぶような文章・・・。磐音が旅した足取りを日本地図で辿る楽しみと様々な発見をいただいたような気がします。完結してしまうのは寂しい限りですが、何度も何度も繰り返し読み返していく楽しみに変えたいと思います。


  • ひーパパ さん (40代・ 岐阜県・ 男性)

    磐音おこん夫婦のみならず、周りにいる人たちを大事に大事に扱っておられることが伝わってきます。最近心に残ったのは、江戸城で命を奪った藪之助の慰霊をした後、弥助が夢の中で藪之助の父與造から投げかけられた言葉です。


  • dekochan さん (100歳以上・ 東京都・ 女性)

    長い間、本当に楽しませて頂きました。第1巻の衝撃の始まりから毎号心待ちにして読み続けたのは、偏に磐音の…温かく思慮に満ち周囲の人々を魅了せずにはいられない人柄ゆえ。生きる上でどれだけ励まされたことでしょう。亡くなった主人も大切に保存しておきたく、とうとう主人の本棚と私所有と家の中に二セットそろえる始末…。永久保存にします。早く新刊を手にしたい…だけど終わりは悲しすぎる。
    磐音さんおこんさん、ありがとう。今津屋の皆様、速水様皆々様温かい人の輪をありがとう。


  • るぅた さん (30代・ 長野県・ 女性)

    本屋にて、たまたま手に取った磐音シリーズ。
    磐音様、そして周囲の人々にあっという間に惹かれてしまいました。
    「完結」とは寂しさを感じる言葉ですね…(..)


  • ゆりありパパ さん (50代・ 東京都・ 男性)

    我らがヒーロー磐音殿の最終巻が楽しみです。どんな新しい旅立ちをするのか想像するだけでワクワクします。


  • ソラ さん (60代・ 東京都・ 男性)

    初刊から全巻購入しています。磐音一家の成長とともに、我が家の家族、ペットも成長しました。完結に向けた物語に期待します。


  • 金田一 耕子 さん (50代・ 愛媛県・ 女性)

    私も磐音ファミリーの一員になって、日々一緒に暮らしたい。でも早起きは出来ないだろうなあ。


  • タク さん (50代・ 東京都・ 女性)

    毎年、江戸双紙と吉原裏同心を読んでいました。
    楽しみが減ることは、寂しいですが佐伯さんの
    新たな本を読んで楽しみます。


  • 大好き磐音一家 さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    入院中に図書室にあった磐音シリーズ、第1巻からではなかったけれど、読み始めたらとまらなくなり、毎日のリハビリのひとつになっていました。無事退院はしましたが、まだ完治せず、その後未読の全巻を手に入れることができ、心の支えになりました。


  • ミッチョ さん (70代・ 奈良県・ 女性)

    毎回、新刊予定のチラシを見ながら今日か明日かと心待ちにしていました。磐音さんに会えないと思うと寂しくなります。


  • ぶーやん さん (50代・ 東京都・ 男性)

    おこんのような嫁が欲しい。奈緒でもいい。現代では、そんな女性は見当たらないなぁ。


  • いちご さん (50代・ 愛媛県・ 女性)

    NHKのテレビで山本耕史さんが演じていらっしゃるのを見て面白いな・・・と
    思うようになりました。
    映像から興味を持つのもいいですね。
    先に本を読んだ場合は自分のイメージとかと違うかも知れませんが・・・。


  • はなおか 諦 さん (80代・ 三重県・ 男性)

    長い間、毎回新刊を待ちわびるあの期待感と喜びを与えて下さった作者に、感謝を申し上げます。


  • pikoh さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    母に面白いから!と渡された4〜5冊から始まりました。泣いたり笑ったり、刊行されたら寝る間をおしんで…
    絶対勝つ!と思ってても刺客が来たら怖くって…

    それでも、人情あふれる人達が大好きです。

    素敵な人のもとには、素敵な人達が集まるのだと、私も努力しようと思います。


  • かおりママ さん (40代・ 秋田県・ 女性)

    NHKドラマからの始まり、子育て真っ盛りの忙しい中で、息抜き?の楽しみは佐伯先生の時代小説でした。磐音シリーズは完読、先生のその他のシリーズを楽しみにしております。


  • はづき さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    一年前に友人から教えて貰って一巻から一気に読ませていただきました。
    次回の新刊が楽しみですがこれで完結だと思うと少し寂しいです。
    今後は佐伯先生の他のシリーズも楽しませていただきたいと思います。


  • 父の代理 さん (40代・ 兵庫県・ 男性)

    父の代理でコメントさせていただきます。
    父の愛読書だそうです。
    なかなかに面白いそうです。
    自分も読んでみたいと思います。


  • ねむの木 さん (70代・ 茨城県・ 男性)

    実に面白い。剣あり、恋あり、涙あり。第1巻からのファンです。つくば駅から秋葉原駅までの通勤電車の中で、人知れずドキドキしながらじっくり読みました。特に、磐音とおこんと奈緒を取り巻くほのぼのとした人間模様は、通勤や仕事の疲れを忘れさせるものでした。
    定年退職後のこの頃は、東京・江戸の地図帳を片手に、東京の街並みを歩くことが楽しみです。昨年は、九州の豊後にも出かけて、杵築城(白鶴城?)で想いを馳せてきました。時間ができた今、改めて、第1巻から読み直してみようと思っています。そして、来年の完結編でのさらなる展開をとても楽しみにしています。佐伯先生のご努力に感謝しつつ・・・。


  • イクチャン さん (50代・ 青森県・ 女性)

    49巻まできてしまって 後2巻で 終わってしまうと思うと とても寂しいです。新巻のストーリーを楽しみにしています。


  • 恵 さん (40代・ 愛知県・ 女性)

    今まで長かった…けど、もう終わってしまうなんて寂しいです。


  • Sugar さん (50代・ 静岡県・ 男性)

    長い旅路でしたが、いよいよ完結ですね。
    大団円となる事を期待しています。
    再び会える事を楽しみに‥‥


  • 音 さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    佐伯さんの大ファンです。わくわくどきどきはらはらと、先生の時代小説は欠かさず読んでます。今でも佐々木先生ご夫婦が亡くなったことが、道場が無くなったことが残念でなりません。ここ数年、「居眠り磐音 江戸双紙」に終わりが来るのではないかと危惧していたことが現実になりました。何度も何度も何度も読み返していますが、最後の本2冊が届く前に又1から読み返して最後に備えます。


  • たんご・きろきろ さん (60代・ 青森県・ 男性)

    昔から、時代劇ファンでした。特に東映の時代劇は子供のころから夢中になって観ていました。居眠り磐音シリーズは5年ほど前にNHKラジオの朝の番組の中で紹介されていて、興味を持ちました。既に数十冊刊行されていましたが、初めから一気に読破しました。面白くてたまらない。次の発刊が待ち遠しかったです。
    とうとう終わるのですね。淋しいやら、ホッとするやら、複雑な心境です。佐伯先生、長い間ご苦労様でした。


  • スギちゃん さん (60代・ 北海道・ 男性)

    第1巻からずっと応援してきました。
    長かったですね、磐音が、元気で終了して欲しいけど、たのしみです!!


  • そろばん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    毎回ワクワクドキドキしながら読んでいます 昨今は言葉が軽く略し乱暴になってるように思わますが居眠り磐音の言葉の丁寧さややしさに心が癒されてゆきます ありがとうございます 何とかまだまだ続けて頂けないでしょうか 


  • 明石の浦 さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    49巻まで読ませて頂きましたが、後2巻で終わりとの事ですが、残念です。
    最後は、元の場所で道場の再興が楽しみです。
    早く、続編の刊行を首を長くして待っています。


  • ビッキー さん (50代・ 茨城県・ 女性)

    来年1月の50巻51巻が楽しみですが淋しくもあり。佐伯先生お願いですから今までの登場人物全部出して下さい。


  • tongpoo さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    佐伯先生の作品はもう10年以上楽しませていただいてます。さらなるご活躍を期待しております。


  • お由さん さん (50代・ 奈良県・ 女性)

    苦しくても大らかさや優しさを忘れない主人公たちの生き方に励まされながら読み続けてきました。元気と勇気を与えていただきありがとうございました。これからも、何度も何度も読み返すことでしょう。


  • バニーのはは さん (50代・ 大分県・ 女性)

    布団に入って「居眠り磐音」を読むのは至福の時です。


上へ