居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • /広 さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    1巻から読み続けています。毎号たのしみでした。


  • ばあば さん (50代・ 大分県・ 女性)

    豊後関前だって?と初めて本を手にして早?年、姉が佐賀関にいるので、
    身近に感じて拝読させていただいております。
    間もなく完結!来年一月を楽しみにしています。


  • horaQ さん (70代・ 愛知県・ 男性)

    磐音の生き方は現代人が無くしたものです。


  • 狛くら さん (50代・ 東京都・ 男性)

    陽炎の辻から読んで磐音ファミリーの活躍を毎回楽しみにしています。残り2巻での活躍も期待しています。


  • 石橋命 さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    熱狂的なファンです。 本はほとんど読んでいます。
    磐音様から年賀状が貰えたら 一年間ハッピーハッピーで過ごせそう。
    もし駄目なら一年間落ち込みそうです。
    ぜひぜひ届きますように お願いします。


  • ぷー さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    始まりがあれば終わりもあり、終わりがあればまた始まりがあると信じています!10年書き続けてほしいなんて贅沢は言いません!1巻でも2巻でも3巻でも、それも難しければ短編でもファンとしてはうれしい限りです。そして、いつかどこかで、また、「居眠り磐音」シリーズの登場人物達に会えることができたなら。。。その喜びは想像もつきません!


  • めぐちゃん さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    居眠り磐音 江戸双紙 もう 磐音 おこん 達と会えないなんて淋しい限りです。
    佐伯さんの時代小説はいくつか除き楽しみに読みふけっています。
    特に磐音シリーズを読んでいるときは至福の時を過ごさせていただきました。
    もう一度磐音を旅に出して欲しい、柳次郎、武左衛門、そして空也を加えて、磐音の優しさ、剣さばきを見たいです。


  • HIBO さん (40代・ 大分県・ 女性)

    テレビでの初回には、唖然としてしまいました。酷い・・・と。
    銀行の待ち時間に読んでいて、番号を呼ばれたのを気づかずに入り込んでいる始末です(笑)
    まだまだ先は長そうですが、楽しみにしております。


  • はなぶさ さん (40代・ 愛知県・ 男性)

    磐音シリーズが終わってしまうのはとても寂しく思います。また、うなぎをさばいていた頃から読み返してみようと思っています。磐音さんお疲れ様、ありがとうございました。


  • アル さん (50代・ 兵庫県・ 男性)

    とうとう磐音シリーズも終焉。残念です♪楽しませてもらいました。


  • む~ちゃん さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    「陽炎ノ辻」発刊以来、TVドラマも毎回楽しみにしていましたのに、いよいよ完結するのですね。毎巻の
    題名の素晴らしい表現、江戸の人々の活き活きした生活の様子、臨場感溢れる殺陣のシーン、等々
    どれもこれも記憶に残るものばかりです。難しい読み方の漢字も、ルビが無ければ??と思いますが、
    歴史の部分も含めて随分と勉強になりました。これが時代小説の楽しみなんですね。


  • 北の素浪人 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    磐音に出会って、改めた時代小説の醍醐味を堪能しました。連載が終わるのはさみしい。また、いつか、磐音とおこんさんに会えることを願っています。


  • ばらんたいん さん (40代・ 三重県・ 男性)

    小説だけでなく、漫画も楽しんでいます。他の作品も読んでいますので、これからも楽しい作品をお願いします。


  • 太郎左衛門 さん (40代・ 大阪府・ 男性)

    完結が愉しみであり、淋しくもあります。磐音のように生きたい、磐音のように在りたい、と思いますがなかなかそうはいきません…


  • 玉ちゃん さん (60代・ 岐阜県・ 女性)

    磐根おこん理想的な夫婦の姿勢がとてもステキです


  • ハナちゃん さん (50代・ 茨城県・ 女性)

    佐伯先生 長い間 私達を楽しませていただき ありがとうございますした!


  • ペコちゃん さん (70代・ 神奈川県・ 女性)

    毎回おもしろくて本が出るのが待ち遠しかったです。


  • KAZ さん (40代・ 大分県・ 男性)

    初めは、図書館で借りた1冊でした。気づけば全冊購入し本棚に並んでます。磐音の物語も終盤ですが、まだまだ楽しみにしています。


  • ペコ さん (30代・ 福岡県・ 女性)

    磐音さんのせいで鰻好きになり、磐音さんが結婚しても何しても、相変わらず磐音ファンです。磐音さんもそろそろ平穏な生活を送りたいでしょうが、まだまだシリーズ続いてください!


  • Autumn leaves さん (80代・ 千葉県・ 男性)

    長い長いお付き合いでした***年明けで終わってしまうのが淋しく感じます。


  • エメシャンテ・メンバー さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    佐伯先生の新刊が発行されると、読まずにはいられません。「密命」を始めとして、いくつかのシリーズが完結となってきました。できるだけ長く続くことを願っています。


  • くーさん さん (50代・ 三重県・ 女性)

    いつも新刊が出るのを楽しみにしていました。
    終わってしまうのがとても残念です。
    次のシリーズを楽しみにしています。


  • スギエモン さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    いつも楽しみに、読ませて頂いています。
    まだか、まだか、と待っていましたが、今回の二冊で終わってしまうことは、残念ですが本当にご苦労様でした、ありがとうございました。
    またの、楽しみをよろしくお願いいたします。


  • 秋蓮 さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    シリーズ完結は楽しみな反面、淋しい気持ちがあります。今後も他シリーズや新作も含めて佐伯先生の作品に出会えるのをワクワクして待っています。


  • ピンボケ親父 さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    読み始めは2007年から知人に薦められて嵌りました。
    書店にて21冊購入し発売を楽しみに今日までいよいよ大団円を迎えるとの報に
    今度は、空也を主役に続編を読みたいと願いをこめて「磐音とおこんさんへお疲れ様でした!」
    エールを贈ります。


  • mariko さん (40代・ 静岡県・ 女性)

    毎巻、楽しみに読ませていただいています。終わってしまうのが、とても残念です。
    磐音さんの家族が、こころ豊かに暮らしていけることを祈っています。


  • オッペン さん (50代・ 三重県・ 男性)

    『居眠り磐音、終わってしまうんですね・・・残念なような待ち遠しいような。
    今、49巻目を読んでいるところです。
    また、ドラマ化される事を待ち望んでおります。
    他のシリーズも愛読しております。佐伯先生!今後も面白いシリーズをお待ちしています。』


  • 静寂 さん (40代・ 北海道・ 女性)

    居眠り磐音シリーズ、父とともに楽しませていただきました。最新刊を親子そろって買ってしまい、同じ巻が2冊になってしまったことも今では良い思い出です。佐伯先生、素敵な作品ありがとうございました。


  • cyokovey さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    長い間楽しく読ませていただきました。どんな結末になるのか楽しみです。これで終わりかと思うとまた一つ待つ楽しみが失われてしまう寂しさがあります。少し時間を空けて、またはじめから読み返したいと思いす。


  • ニワトリ さん (60代・ 新潟県・ 男性)

    2002年本屋で「陽炎ノ辻」を手に取ってから夢中で読んできました。毎回次巻の発売日を楽しみにしてきました。とうとう終わってしまうのですか?長い間、本当にありがとうございました。1月の発売日が楽しみな毎日です。


  • お富さん さん (40代・ 東京都・ 女性)

    こんなに何度も読み返している本は初めてです。本当に終わっちゃうの?寂しい‼


  • 歩く目です さん (50代・ 福岡県・ 男性)

    本当に終わるんですか?
    次回作に期待します


  • uano さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    浪人時代は日々の暮らし、町奉行所の与力殿に協力して(させられて)の勧善懲悪といい話ばかりでしたね。


  • 実南天 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    磐音が大好きな89才の母にプレゼントで年賀状を送ろうと思います。
    毎回、新刊の発売日を楽しみに待っていて書店に向かいます。この先、もし病院に入院することがあれば、磐音シリーズを持って行くと言っています。その母の為にも、本当は終わって欲しくないのですが。でも、佐伯先生の書く結末を知りたい思いもあります。


  • 中ちゃん さん (70代・ 岐阜県・ 女性)

    毎回磐音の本が出るのを楽しみに待っていましたがもう終わりとわ残念です。何時も新聞のみだしを見て本屋さんが開くのを待って飛んでいきます最後の磐音さん楽しみにまっています


  • きんちゃん さん (50代・ 京都府・ 女性)

    新刊の知らせが毎回待ち遠しかった。いよいよ、お別れだと思うと、寂しくなります。きっと、何度も読み返し、磐根さんに出会います。いつか、磐根さんの故郷にいけたらいいな。


  • 実南天 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    本当に2016年1月の51巻で終わってしまうのでしょうか?永遠に続いて欲しいと思う気持ちがあります。
    何気なく目に入ったTVの時代劇。時代劇が好きなのでチャンネルを変えることなく見入ってしまいました。「田村正和さんが若かったらば演りたい役だろうな」と思ったのが最初の印象です。それがシリーズ2の最終回の磐音演じる山本耕史さんの泪を観た瞬間から山本耕史さんに、そして、「居眠り磐音」に嵌りました。それからは、TVに追いつこうと一日2冊ぐらいの勢いで本を読み始めました。ドラマを観ては本に、本を読んではドラマに思いを持っていかれました。山本耕史さんは磐音そのものでした。
    ヒロインの奈緒にこれ程過酷な運命を背負わせるのか、未だに分かりません。でも、佐伯先生が「ヒロインは奈緒」と、言い切っていた記事を見た時何故かほっとしました。
    本当に最終巻なのですか?最後は知りたい、でも終わって欲しくないという気持ちの狭間にいます。その時、どんな気持ちで迎えるのでしょうか?小説でこんな気持ちを持ったのは初めての経験です。


  • tsucchin さん (40代・ 兵庫県・ 女性)

    テレビシリーズで知りました。義父が最終巻を読まずに取っておいて、もう一度1巻から読んでからにする、と言っているのを聞き、すごいファンなんだなぁとビックリしました。


  • 笹塚 さん (30代・ 長崎県・ 女性)

    まだ既刊全巻制覇していない中での最終巻の報でした。悲しいです…。
    読み終える頃には一層寂しさが募るのでしょう。
    ドラマ化も期待して良いのでしょうか?
    また映像の彼らにも会いたいです。


  • はなちゃん さん (50代・ 青森県・ 女性)

    寂しいよ~終わっちゃうの嫌だよ~
    ずっと読んできたので、いよいよ終わっちゃうんだな~って感じです


  • かんこちゃん さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    いつも楽しく読んでいます。友達が購入します。


  • みっちゃん さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    NHKの山本耕史さんのドラマからはまってそれまでの全シリーズを一度に買い、新刊の発売を毎回楽しみにしておりました。残念ですがいい終わり方に期待しております。佐伯先生のほかのシリーズものを読み始めております。先生がお元気で執筆されることをいつまでも楽しみにしております。


  • りんごジャム さん (50代・ 東京都・ 女性)

    あと2冊で終わり。残念です。私が磐音に出会ったのは遅く、ほんの1年前。そこから一気に49巻まで楽しく過ごしました。佐伯先生、お疲れさまです。


  • 黒猫 さん (30代・ 岩手県・ 女性)

    完結を前に初めからまた読み返してみようとおもいます。


  • 豊清香 さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    何度も読み直しています。60巻まで続けて欲しかったです。


  • 文庫本好き さん (60代・ 東京都・ 女性)

    3年前に友人から佐伯泰英さんを知り!「居眠り磐音」にはまり一気に読了、ハラハラドキドキしながら次どうなるか楽しく、体調不良でも佐伯さんの文庫本にひきつけられ読んでます。
    長い間楽しませて頂きましたが いよいよラスト寂しい50.51 完!!!
    最後はどうなるのと?思うと凄~く複雑な気持ちで。。。
    佐伯さん長い間本当にありがとうございました。


  • きんぴらごぼう さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    先が気になるのに、読んでしまうことがもったいなく、、、。
    いつも少しずつ少しずつ楽しみに読み進めていました。
    残り2冊で原作が終了すると聞き、私の大きな楽しみがなくなってしまうことは本当に残念です。


  • BIGMAN さん (60代・ 東京都・ 男性)

    磐音の背筋が伸びた清々しい生き様が現代に生きる我々のお手本になります。


  • 武蔵 さん (60代・ 茨城県・ 男性)

    磐音の人間性(温厚で威張らない)と長尺刀の取り扱い(強い)大変素晴らしい。全巻楽しく読ませて頂いた。
    NHKでの山本耕史氏と中越典子イメ-ジピッタリでした。
    今津屋と由蔵の力強い応援(安心できる)
    古備前包平やその他名刀素晴らしい良く調査してます。
    小生も剣道と居合を現在も修行中。


  • とんでも8プン さん (100歳以上・ 埼玉県・ 男性)

    毎号ワクワクして発売を待っていました。 どんなエンディングになるのかいろいろと想像していますが、
    きっとーそうきたかーと予想を大きく外してくれるものと期待しています。


上へ